経済学

「経済学」の学び方 ~経済学の本当の面白さ~




大学で学ぶ学問は、単なる高校の勉強の延長ではありません。
それは、思考力が大切になってくるからです。
興味のない事柄を淡々と暗記していく、そのような高校までの勉強とは異なるのです。

そんな大学で学ぶ経済学を勉強するにあたって、一冊の本を紹介します。

「化学も感動からー光触媒を例にしてー」東京書籍、東京理科大学学長の藤嶋昭氏が書いた本です。

この本は、経済学の本ではありませんが、学問を学ぶ上で必要な心構えがよく書かれている本です。

この書籍でも言われていますが、

学問において大事な姿勢は、「能動性」

です。

これは、経済学でも同様です。

大学では、ある程度の履修の自由が認められていますから、履修科目については、丁寧に、しっかりと学びましょう。

経済学の授業は、多くは講義形式だと思います。
参加型の授業とは異なり、発言の機会などが少ないです。
従って、自分で理解し、考察を深める必要があります。

このように聞くと、かなりの時間と労力が必要だと感じると思います。

しかし、経済学が本当に面白くなるのは、それだけ時間をかけ、深く考察した後のことなのです。

大学で経済学を多々闇雲に覚えて勉強していると、抽象的な事しか学ばないままになってしまい、実用性がなくなってしまいます。

大学で学んだ経済学を生かすためには、抽象的な知識や経験を、具体的な事に当てはめて考える力が必要なのです。
それができるようになることこそが、経済学の本当の面白さとなるのです。







- 経済学
-, ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.