リカレント教育・生涯学習

【リカレント教育とは】「学び直し」が受け入れられる社会へ

2019年6月10日




「学び直し」は誰にでも開かれたものに

学びは学校を出れば終わる。
そういった時代では無くなりつつあります。

大学を出てからもビジネススクールで学んでMBA(経営学修士)を取る人、教職大学院で教員免許を取る人……。
今や「学び直し」は誰にでも開かれたものとなっています。

しかし日本ではまだまだ市民権を得るには至っていません。

今回は生涯を通して学ぶ仕組み「リカレント教育」と日本での受け取られ方について考えていきます。

リカレント教育とは?

学校を出て仕事に就いても必要であれば教育機関に戻って学ぶことができる教育システムのこと。
日々急速に変化していく社会においては知をアップデートするために学び続ける必要があり、国の行う働き方改革でも重視されている施策の一つです。

教育はコストではなく投資

リカレント教育が日本で受け入れられにくい理由の一つに、「教育はコストだ」という考え方があります。

本来教育とは人への投資であり、コストではありません。

後々その投資が大きな利益を生む可能性もあります。

リカレント教育の展望とは

今後日本でリカレント教育が広がっていくには、こうした意識で取り組んでいく必要があるでしょう。
学びが人を、ひいては社会を発展させていくのです。







- リカレント教育・生涯学習
-, , , , ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.