学びとは

【大人の学び直し】社会人になって数年経ってから気づく学びの大切さとは

投稿日:2019年6月19日




わたしは社会人になってから数年たちますが、ようやく学びの大切さを知りました。
と、言っても受験勉強だけのことが大事というわけではなく、どちらかというと学ぶ姿勢を経験しておくこと、学ぶ姿勢を維持することが大事だと思いました。

学生から新社会人までは学歴が大事だと思い、その思いで勉強をしていました。
結果として上位大学に進むことができ、大企業に就職することができました。
そういった意味で短絡的に、豊かな生活を享受できていると実感はできますが、そこで目標を失いがちになります。

その際に大事なのが、学ぶ姿勢を維持することの大切さでした。
社会人になるとペーパーテストはありません。
仕事の評価もすぐに結果が出るものではなく、目に見える結果も少ないです。
学歴や受験勉強だけを考えて学んできた私はそこで将来なにをしたいのかをようやく考えるようになりました。

こうした目的があいまいなまま毎日暮らしている人は多いと思いますが、解決としてはずっと興味あるものを学び続ける姿勢なのではないかと思います。
最近は生涯学習という言葉が一般的になりましたが、とても大事だと思います。
そういった意味で、学びつづけようという意思を継続する力を、小さいころからつけていければよかったと思いました。







おすすめの本

-学びとは
-, , , ,

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.