集中力 スタディスキル・効率化

「集中力が続かない」なぜか関係ないことをしたくなる時の解決法について

2020年6月3日

リカレンティスト編集部

リカレンティスト編集部

編集部オリジナル記事や寄稿記事を投稿しています。

レポートが終わってないのにSNSのことが頭に浮かぶ、本を読んでいるのに字を追っているだけで内容が理解できていない、思考回路が止まってしまって逃げ出したい気持ちになる、空腹ではないはずなのに何となくお腹が減ってしまって食べることを考えてしまう・・・勉強中にこのような現象が起きることはよくあります。どうしてなのでしょうか。

この記事でわかること

  • 集中力はそもそも続かないもの
  • 集中力が続かないときの乗り越え方
  • タイムマネジメントの重要性

集中力が続かない

やらなければいけないことがあるのに、どうしても別のことをしたくなる不思議は誰もが体験することではないでしょうか。

レポートを書かないといけないのに、どうしても別のことをしたくなるのはどうしてなのでしょうか。
また、通信制大学に通うほとんどの大学生がそれを体験しているのではないでしょうか。

その理由のひとつは、集中力が続かないからです。

どのようにそれを乗り切るといいのでしょうか。
その方法を紹介します。

1時間しか集中しない

先ほど述べたように、他のことをしたくなるのは、集中力が途切れてしまうからというのがひとつの要因です。
それを無理して続けようとすると効率も落ちてしまいます。

だから、無理をしなくてもいいのです。
1時間だけでやめてしまい、他のことをしたらいいのです。

※ここでは1時間としましたが、集中力の持続時間には個人差があると思うので自分に合った時間でOKです。

休憩後が大切

30分ほど休憩し、好きなことをしたら、またレポートを書く事に集中します。
さっきまで行き詰まっていたものが、スラスラ書けるのではないでしょうか?

気分転換することは効率アップにつながります。
また、ここでは時間を明確に決めることが大切です。
なんとなく休憩をしてしまうと、うっかりレポートのことなんて忘れてしまうことも。

休憩時間こそしっかりとマネジメントして乗り切りましょう。

集中力以前にやる気が出ない

集中力以前の話で、どうしてもやる気が出ないことがあります。
そんな時は、一回いやでも机の前に座るようにします。

そして、10行を目標に書いてみるとか、アウトラインを書いてみるなど、手軽にできることをとりあえずやってみるのです。
参考文献にさらっと目を通すだけでもかまいません。

机の前に座ってすぐできるような簡単なことをやってみましょう。
すると、そこからやる気が出ることもあります。

とにかく、一回机の前に座り、何かしてみることが大切です。

やる気が出ないときにやる気を出す方法「やる気を出すマインドセット」とは

やる気が出ない・・・。それは、勉強に限らず人生のあらゆる場面で立ちはだかってくる壁。人間は本質的には怠けたい生き物です。これは、私たちの祖先の時代であれば無駄なエネルギーを消費しないことで生命を維持す ...

\あなたの「やる気」をサポート/









【PR】一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

通信制大学の関連ページ

Pick UPサイバー大学

驚異の卒業率《75.9%》!学習サポートが手厚いサイバー大学で大卒資格

スクーリング 卒業率
一切不要 75.9%
学費 資料請求費用
履修する単位数で変動 無料
>サイバー大学の記事一覧

おすすめポイント

  1. サイバー大学は通学不要!スクーリングなしで卒業
  2. 通信制大学としては、驚きの卒業率《75.9%》
  3. 働きながら学士号(大学卒業資格)を取得可能

\無料資料請求はこちら/

-集中力, スタディスキル・効率化
-,

© 2018 リカレンティスト