サイバー大学

集中力 スタディスキル・効率化

社会人学生が勉強のやる気が出ないときに気分転換をする方法とは




勉強をやる気が出ないとき

勉強をしようと思っても、なかなかその気持ちになれないことがありますが、ちょっとした気分転換を行うことで頑張ることができるようになります。

「仕事も終わったし、社会人学生だし、今勉強をしなければいつするの?」

と自分を追い詰めていませんか?

そんな時の気分転換の方法についてご紹介します。

疲れているときは寝る

仕事で疲れている時など、無理して勉強をしようとしても頭に入りません。
無理をしても同じことの繰り返しとなってしまいます。

そんなときには、思い切って、目覚ましタイマーをかけて寝ることにしましょう。

30分でも、1時間でも寝ることにより、頭をスッキリとさせることができます。
そのままでいるよりも、ずっと気分転換をさせることができます。

勉強をやる気が出ないときはテレビを見る

勉強をやる気が出ないときには、落ち込むことが多いです。
こんなことをしている場合ではないと、焦りの気持ちが起きてしまいがち。
また、そのような状態では、強いストレスホルモンが分泌されることがあるのでそれは避けなければなりません。

ストレスをそのままにすると、ますます落ち込むことになり、何もしたくなくなります。
そのため一回頭をリセットすることが大切です。

そんな時は、テレビを見ることが有効です。
テレビをぼうっと見ることにより、なんとなく頭をリフレッシュさせることができます。

テレビ以外にも好きな動画を見る、SNSをチェックするなどでもかまいません。

この場合も、寝るときと同じようにスマホなどでタイマーをかけてそのままダラダラ過ごさないように時間を管理することが大事です。

おわりに

社会人学生だと勉強時間をしなければ、という義務にとらわれて、ついつい無理をしがちです。

勉強をやる気が出ないときは、それはそれと割り切り休息をとりまた改めて頑張りましょう。

やる気が出ないときにやる気を出す方法「やる気を出すマインドセット」とは

やる気が出ない・・・。それは、勉強に限らず人生のあらゆる場面で立ちはだかってくる壁。人間は本質的には怠けたい生き物です。これは、私たちの祖先の時代であれば無駄なエネルギーを消費しないことで生命を維持す ...

「集中力が続かない」なぜか関係ないことをしたくなる時の解決法について

レポートが終わってないのにSNSのことが頭に浮かぶ、本を読んでいるのに字を追っているだけで内容が理解できていない、思考回路が止まってしまって逃げ出したい気持ちになる、空腹ではないはずなのに何となくお腹 ...







おすすめの本

-集中力, スタディスキル・効率化
-

© 2020 リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|通信制大学、大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア