勉強とは

限界を押し広げるためにも一生学び続けるべき

2019年5月9日




それぞれのキャパシティ

一人ひとりが持っているキャパシティは、それぞれ違いがあります。

生まれもって才能に恵まれている人もいれば、何をやってもうまくいかない人もいます。

しかし「学び」こそが、それらの差を縮める絶好のチャンスなのです。

ここでは、そのためにも人はいくつになっても学び続けるべきであることについて、解説します。

残念ながら一人ひとりには能力の限界がある

「天は人の上に人を造らず…」ととある明治の偉人は仰っていましたが、残念ながら人は、その生まれた環境において、あるいは身体的な能力や特徴などによって、個人差が生まれてきます。

それについて全く努力しないと、歳を経るにつれて、ますますその差が広がります。

歳を重ねてきた方にとっては、幼少のころから振り返ってみても、他者との能力の差というものは、そうそう容易に縮まらないことは、重々ご承知のことでしょう。

「学び」こそが、その人の限界を押し広げ、他者との差を縮める

しかし、周りと比べて何か劣っていたことを、努力して克服できた経験のある方は、やはり「学び」を通して、その限界を押し広げてきたからではないでしょうか。

先達の書物や直接の指導を通じての学びが、これまで自分になかったものを植え付け、芽生えさせることができるからです。

まとめ

生涯にわたり、様々な問題が降りかかり、悩みは尽きることがありません。

自分のキャパシティゆえの限界のために、苦しむことも多いことでしょう。

けれども、そのようなときこそ「学び」が、自身の限界を押し広げ、悩みに対する答えを導き出してくれるのです。

生きるためにも、一生学び続けることは、とても大切なことなのです。







- 勉強とは
-

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.