リカレント教育とは

リカレント教育という教育についての現在の現状




リカレント教育といわれてもまだ多くの人がピンと来ないかもしれませんが、大学を卒業して会社に就職したのち、2、3年後退職し再び大学院へ行ったり、専門学校に行ったりして、教養を高めている人はたくさんいます。

証券会社や銀行ではMBAを取得に外国へ行く人の話があったり、女性アナウンサーが退社後大学に再び入り弁護士になった人の話もあります。

キャリア重視の時代だった時代もありますが、昨今は少し働く人の考えが変わってきています。
平和な日本において、男女とも自由に仕事を選べる現在では、少しでも次のステップにステップアップという考えがあります。

過去の就職の考えのように、一つの仕事で定年退職まで働くという考えの人もいますが、時代が変わって教育も変わって、働き方も代わってきたので自由に選べる良い時代にもなりました。

固執した考え方の方もいるでしょうが、以前とは異なりこの会社で退職まで働くという考えの社員は少なくなってきています。
そのような事から、リカレント教育については時代的に今にあった教育法なのかもしれません。

大手企業の中には、自社企業内に専門教育機関をもっているような会社もありますが、少なくなってきたように感じます。
他の教育機関に数週間から数ヶ月勉強にいかせるような会社もあります。

会社主導から個人が会社を選べる時代になってきた現代では、ステップアップや自分にあった仕事を選べる時代になってきました。

リカレント教育を受けることにより、自分に合った仕事を見つけたり、さららるステップアップを目指す益々増えると思います。







おすすめの本

-リカレント教育とは
-, ,

© 2020 リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|通信制大学、大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア