リカレント教育・生涯学習

リカレント教育と仕事、生涯学習による人生のスキルアップとは

2019年7月20日




リカレント教育とは

リカレント教育とは義務教育、基礎教育を終えて就職しても、仕事をしながら個人が必要と思う時期に教育機関に戻って学ぶことが出来る教育システムです。
発祥はスウェーデンの経済学者ゴスタ・レーンが提唱したことに始まります。

国際的に知られる名称として「生涯教育構想」と呼ばれています。

「リカレント」の意味とは

「リカレント」の意味とは、反復、循環、回帰を意味します。人生の初期だけでは教育を終えることなく生涯に渡って続けていくことが重要であり、仕事をしながら学ぶことが望ましいとされています。

リカレント教育は自己成長やキャリアアップに

リカレント教育を行うことによって、自分自身のキャリアアップを目指し、専門的な知識や知見を仕事に活かすことで、新たな道、手段に挑戦するきっかけになります。

自己成長にもつながります。

社会人になってからの学習をすることによって、その学習の成果が仕事に即直結するというメリットがあります。
スキル、生産性、人脈作りなど、さまざまな刺激を受け仕事、人生を生きていくモチベーションになります。

リカレント教育の役割

リカレント教育は現在、日本でも徐々に認知されており、社会人の学び直しのニーズは拡大しています。

これまで人生のステージは、教育(学校)、仕事(会社)、引退後の余暇という3段階であるのが一般的でしたが、「人生100年時代」の到来によって、そのあり方が変化しています。
普段仕事だけではなかなか学べない学習を新たな手段で導き出すということは仕事、そして人生に大きな意味があると思います。

また、少子化による人口減少が深刻化し、生産年齢人口の減少が顕著にな理、終身雇用や年功序列などの日本型雇用システムが崩壊しつつあります。
さらに、IoTやAIの進化による「第4次産業革命」というパラダイムシフトの渦中にあります。

そのため、私たちの価値を再定義し、アップデートしたり、新たなスキルの獲得するためにもリカレント教育を通じた学びが必要不可欠となってきているのではないでしょうか。

リカレント教育の課題

仕事との兼ね合いというところで課題もありますが、今後、リカレント教育の方法、リカレント教育の履修証明制度の見直し、リカレント教育の教育訓練給付金などが広まることを期待したいです。
そのような環境の中が実現すれば、個人個人が自身のスキルアップを能動的に目指そうする機会も拡大し、個人だけでなく国自体のモチベーションが上がり持続的な成長経路として発展していくでしょう。

また、仕事だけではなく生きがいのために学んだり、高齢化の克服のための生涯学習として学んだり、自分の人生のテーマを決定付けるためにもリカレント教育は重要な役割を果たしていくと思います。

リカレント教育についての関連記事


まだまだ課題は山積み?リカレント教育の現状とは〜日本の社会的背景とリカレント教育についての考察〜

そもそも「リカレント教育」とは? 「リカレント教育」って聞いたことがありますか? ひと言でいえば、「学び直し」のことです。 社会に出た後も、必要に応じて教育機関に戻り、新たな知識や教養を身につけ、また ...


人づくり革命の実現と拡大、VUCAの世界におけるリカレント教育の重要性、今後のリカレント教育の方向性とは

VUCAの世界におけるリカレント教育とは 現代は、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとってVUC ...







- リカレント教育・生涯学習
-, , , , , , , ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.