サイバー大学

リカレント教育とは

リカレント教育のメリット、デメリットとは




リカレント教育とは

社会人のリカレント教育といえば、社会人大学生、通信講座、公民館の講座、資格取得など色々な方法があると思います。
 私自身、資格取得が好きだったり、現在通信制大学に入学し直して勉強しているので、私の実体験をもとにして、リカレント教育のメリット、デメリットを紹介します。

1:リカレント教育のメリット

・業務、資格取得にに生かせる

 仕事で事務や経理に従事する場合には、簿記資格の取得で日常業務に生かすことができます。
 また、運転系の資格も業務の幅を広げるのに役立ちます。

 通信制大学の場合、大学によっては上位資格の教員免許の取得や、心理系資格、看護師資格の取得を目指すことができます。

・趣味を広げることができる

 これは、私の母の場合になってくるのですが、太極拳を公民館の講座で始めて、今では師範の資格を持つようになりました。
 このように、趣味の幅を広げることができます

・生涯学習に活用できる

 通信制大学の場合、自分の興味や関心のある学問分野に関して生涯学習を進めていくことができます。
特に、心理学、福祉、芸術、語学、文学分野に強いような気がします。

 毎日大学に通学しなくてもいいので、自分のペースで学習を進めることができます。
 持病を抱えながら、通信制大学で学習を進めている人もいます。

私自身、そのような状況下で学習を進めています。

2:リカレント教育のデメリット

・自己管理面に関して

 通信制大学の場合に言えることなのですが、仕事や家事の合間に学習を進めるようになるので、自己管理が何より求められます。
自分のペースで進められるからこそ、そのような自己管理が必要になってくるでしょう。

・周囲の理解に関して

 試験やスクーリングが平日に行われるようなことがある場合、休暇も取得しなければならないので、職場や周囲の理解も必要になってきます。







おすすめの本

-リカレント教育とは
-, , , , , ,

© 2020 リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|通信制大学、大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア