倫理学 哲学

『法の哲学』倫理の古典を読む!ヘーゲルの考える倫理とは

2019年7月21日




ヘーゲルの『法の哲学』

倫理を学問的に学ぶ場合、古典を読むことは欠かせません。
19世紀ドイツの哲学者、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルの『法の哲学』もそのひとつです。

実はヘーゲルの哲学は、現代の哲学から多くの批判を受けており、前時代の哲学だと思われています。
ですから少し現代思想をかじったひとからすれば、「どうして今更ヘーゲルを?」と思われるかもしれません。

しかし、倫理の問題を考える場合、ヘーゲルは避けては通れませんし、彼の議論はなお現代にあって有効です。

ヘーゲルの倫理とカントの倫理との比較

ヘーゲルの倫理を考える場合、カントの倫理との比較がわかりやすいでしょう。

カントの倫理(『実践理性批判』などで展開されます)は、かなりストイックなもので、人間はいわば一人で倫理と向き合います。
一方ヘーゲルが『法の哲学』で展開する倫理観は、いわば二人以上、複数の人間のいる倫理観です。

ヘーゲルの「人倫」

現実を生きていると、うまくいかないことがあります。
それは、他者が自分とは異なる都合で生きているからです。

しかし、うまく生きていくためには、お互いを尊重しあい、そのお互いの「都合」をすり合わせていく必要があります。
そこに倫理が生まれてきます。

ヘーゲルはそれを「人倫」と呼びました。

このようにヘーゲルの『法の哲学』は、価値観が多様化する現代にこそ読まれるべき古典なのです。

ヘーゲルの本

「ヘーゲルについて」Twitterより







- 倫理学, 哲学
-, , ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.