哲学 論理的思考のすすめ

哲学の勉強が社会人の役に立つ2つの決定的理由とは

2019年7月3日




・哲学は役に立たないのか?

現代日本において哲学といえば、役に立たない学問の筆頭とみなされています。

しかし、例えばアメリカやイギリスなどでは、大学で哲学の勉強をしていたことは就職にもプラスに働きます。
それは哲学の勉強に、社会人としての能力を伸ばす効果があるからです。

その効果とは何か?大きく2つにわけることができます。

・論理的思考が身につく

哲学とはロジカルシンキングつまり論理的思考の極致です。
精緻な論理に基づいて書かれたテクストを読み、批判的に吟味していく。そしてそれを他者と討論する。

こうした作業の結果、学習者の論理的思考能力も研ぎ澄まされていきます。
ものごとを論理的に考え、それを論理的に表現し伝える。これは社会人にとっても大いに有益な能力だといえるでしょう。

・複眼的な発想法が身につく

論理だけではそれは論理学であり、哲学にはなりません。
哲学には時代の常識を打ち破るような独自の発想があり、その発想の上に論理が積み上げられていくのです。

さまざまな哲学者の思想にふれることで、学習者はそれだけたくさんの世界観を知ることになります。

世界の見方がひとつではないということ、新しい見方が可能なのだということを学ぶわけです。
ここから、ものごとを複眼的に見る能力が身についていきます。

これはイノベーションに欠かせない技術であり、社会人にとっても大切な能力です。







- 哲学, 論理的思考のすすめ
-, ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.