思考法・フレームワーク

問題解決に最適なのはシステム思考?デザイン思考?思考のフレームワークとは




学生であっても社会人であっても、日々の中で何かしらの課題や問題に直面することが多くあります。スムーズに問題を解決するために意識していることはありますか?

ご自身に合った「思考」でのフレームワークで問題解決を図りましょう。

問題を根っこから考えるシステム思考

システム思考という考え方は、

  1. ある「出来事」がどのような「行動」から起こり
  2. その行動がどういった「構造」から生まれたのか

を探る思考方法です。

これらが、一つまたは複数の「意識や無意識の中にある基盤」から成り立ってしまった問題だと捉えることで解決に導くことができます。
「基盤」は条件や常識、前提と言い換えることもでき、根本を見つめ直すことで問題を解決する手法です。

それぞれの価値観をもとに解決するデザイン思考

デザイン思考は、当事者の考え方を基礎にして、繰り返しコミュニケーションを行う思考方法です。

  1. 当事者の思いに「共感と理解」を示し
  2. 何が問題だったのかを「定義」

します。

そして解決を図るためのアイディアをできるだけ数多く生み出し、それを試して検証してみるというものです。

解決策は一つじゃない

どちらが正しいというものではありません。

出現した問題を氷山の一角として捉え、水の中にある見えない大きな氷の部分に気付くことで解決に向かう方法もあれば、それぞれの考え方に寄り添い理解を深め、たくさんの問題解決方法を創造するという方法もあります。

よりスムーズな問題解決を目指して、目的に合った手法を取り入れてみましょう。







- 思考法・フレームワーク
-

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.