勉強とは何か

大人になって分かった、気づいた、勉強の面白さとは




勉強が本当に嫌いでした

学生時代、私は勉強が本当に嫌いでした。努力はしていたものの、全く勉強が頭に入ってこず、成績はいつも散々で、早く大人になって勉強から逃れたい・・・。いつもそう思っていました。

ところがです。結婚してから、ふとした事から新選組にハマり、あれだけ大嫌いだった日本史に興味津々になりました。学生時代、日本史はいつも赤点でした。それなのに、新選組だけでも20冊を超える本を読み、他にもさか遡って色んな日本史の本を読み漁りました。日本史が大好きになりました。

大人になって気付く

ああ、こんなに面白いものだったんだ・・・と。というか、勉強だと思わなければ、面白いもんなんだな・・・と。大人になって気がついたのは、押し付けられてする勉強は苦痛でしかなく、自分から興味を持ってする勉強は面白いのだな・・・という事です。

そして、それは何の役にも立たないようで、でも、ちゃんと知識や教養として、自分の身についているんですね。で、自分の引き出しの一つとして存在し、役には立たないけど、人生を楽しむ一つの要因となりえるんです。

子供ができて、子供の勉強や宿題を見ているうちに、あれだけ嫌いだった数学も、問題が解けたら面白いもんだな・・・と思ったりもしましたし、英語にしてもそうです。

大人になって学ぶことの楽しさ、面白さを知り、また学ぶことへの考え方も大きく変わりました。







おすすめの本

-勉強とは何か

© 2020 リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|通信制大学、大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア