リカレント教育

就社でなく就職が一般的となりつつある社会において、リカレント教育は一つの手段となりうるのかもしれません。

投稿日:2019年6月30日




<豊田章夫社長が終身雇用制度に否定的な発言>

トヨタの豊田章夫社長が5月13日、日本自動車工業会の会長会見で、終身雇用を守ることは難しいという趣旨の発言を行いました。
日本を代表する大企業のトップが、日本型企業の特徴の一つであった終身雇用制度を維持することが難しいと発言することから、その他多くの中小企業の経営者も同様の意見をもっていることがうかがえます。

<崩れかかる終身雇用制度>
一つの企業に定年まで勤め上げるというモデルが崩れかけている今日の日本社会において、リカレント教育はメリットのある制度のように思われます。

<リカレント教育は双方にとってメリットがある>

労働者にとって、リカレント教育は新しい知識や技術を身に着けることで、衰退産業から脱出し、キャリアアップを目指す手段となりえます。

<伸びる労働期間>

本日の読売新聞でも、一面に、「70歳雇用 努力義務」という見出しが出ています。昔に比べて平均寿命が延びた現代社会では、人々の働く期間も伸びました。
それに応じて、一つの会社で勤め上げるということが一般的ではなくなり、複数の会社・業界で働くことが現実的になりつつあるのかもしれません。

<リカレント教育はこれからの社会を生き抜くための一つの手段>

そういった意味でも、キャリアアップの手段となりうるリカレント教育はこれからの社会に適応するための一つの手段なのかもしれません。







おすすめの本

-リカレント教育
-, , , , ,

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.