リカレント教育 通信制大学

慶應義塾大学 通信教育課程の入学要綱と難易度

投稿日:2018年12月2日




慶應義塾大学通信教育課程の募集時期

大学の通信教育課程への入学は年二回実施されている場合が多く、慶應義塾大学 通信教育課程も4月と10月に募集があります。

慶應義塾大学通信教育課程の学部

慶應義塾大学 通信教育課程には文学部、経済学部、法学部があり、それぞれの開講科目はWeb上で公開されていますので自分の学びたいことが調べやすくなっています。

正科生は通学生と同じように大学卒業の資格が取れ、教職課程も履修することが出来ます。

どの大学も通信教育課程も入試は書類選考ですが、慶應義塾大学は少しハードルが高いようです。
不合格者も多いようです。
選考料は1万円です。

慶應義塾大学通信教育課程の学費

学費は初年度が13万円、2年目以降が10万円、其の他教科書代が6万円程かかります。
通学の授業料に比べてかなり安くなっていますが、そのほか年間30単位義務付けられているスクーリングの受講料が1単位5000円かかります。

地方から東京の大学でスクーリングを受ける場合はさらに宿泊費等が加算されることにまります。

スクーリングについて

通信教育は若い人の場合働きながら学ぶという人が多いので、スクーリング出席のため休暇を取ることに職場の理解が必要です。
高齢者は楽しみで学ぶ人が多く、スクーリング出席を楽しみにしています。

慶應の夏スクーリングは三田キャンパスおよび日吉キャンパスで開講されています。
大阪(夜間)スクーリング、大阪(週末)スクーリングでは、三田キャンパスの夜間スクーリングと同じ授業形式で1科目、土日を利用した週末スクーリングと同じ授業形式で1科目を受講することが可能です。

卒業論文が卒業の要件

慶應義塾大学 通信教育課程では卒業論文は卒業の要件になっており、卒論指導は通学生のゼミにあたる大切な位置づけになっています。

レポートについて

通常の学習は教科書や参考書を調べ、レポートを書くということが自宅で行われます。

4単位の科目の場合、4,000文字のレポート一回の提出が必要です。
2単位の科目の場合でも、同じく4,000文字のレポート一回の提出が必要なので注意が必要です。

この単位所得のためのレポートの作成のために参考書籍を4〜6冊ほどを買う、または図書館で借りるなどして読む必要があります。

科目等履修生について

科目等履修生とは、大学卒業を目的とせず、希望する科目だけを履修する制度のことです。
この科目等履修生の制度を利用することで、教職課程に必要な不足単位を履修する学生もいます。

ただし、慶應の場合はこの方法で教職を取れるのは慶應義塾大学の卒業生が教育職員免許状取得に必要な科目を履修するためケースに限られています。

まとめ

つまり、殆ど独学ということですから、わからないことや行き詰まりで挫折する人が多いのも通信教育の大きな特徴です。

そんな悩みを少しでも解消できるのが実際に授業を受けられ、同級生と相談、情報交換できるスクーリングです。
通信の学生は大変勉強熱心な人が多く、教える教授も熱が入るということです。

通信教育は就職や資格を目指す若い人や、少子化の時代中高年のライフワークとしての学びの場提供にも期待されます。
リカレント教育に注目が集まる昨今、これまで以上に通信制大学への注目が集まりそうです。

慶應義塾大学通信教育課程について、もっと詳しく知りたい方はホームページをご覧ください。
https://www.tsushin.keio.ac.jp/







- リカレント教育, 通信制大学
-, , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2018 All Rights Reserved.