思考法・フレームワーク

新産業革命を迎えようとする現代で注目されるデザイン思考、そもそも何を表すもの?




近年「デザイン思考」という考え方が、ビジネスにおいて言われるようになってきました。

これは、簡単に言えば、

デザインするようにビジネス上の戦略を立てていく取り組み

のことです。

デザイン的な思考とはどういうものなのでしょうか。
また、それがビジネスとどう関わるのでしょうか。

まず「デザイン」の定義について見てみましょう。

デザインとは、一つ目に、形や色を様々に使って平面や立体に表現する、従来通りのクリエイティブな行為を指します。
二つ目に「デザインする」という動詞には「新しい可能性に向かって問題解決していくプロセス」の意味を含みます。

つまりデザイン思考の言葉は、クリエイティブな発想による新展開を示すと同時に、現実的な問題解決の道筋をつけることを示しています。
ターゲットユーザーを観察し、抱えている問題を見つけ解決を図り、その過程で、サービスやプロダクトを充実拡大するビジネス展開が可能になります。
これがデザイン思考の概要です。

デザイン思考の顕著な特徴は、人間中心なアプローチ、あらゆるアイデアを出し合うブレインストーミング、試作品を作ってみるプロトタイピング、試作品を使ってみるテスティングの流れを取り入れることです。仮説や検証を重視することから、デザイン思考は「実験的思考法」とも例えられます。

実際のデザイン思考の行動パターンは、次の5段階から構成されると言えます。

  1. 共感…ユーザーの行動の観察、理解、寄り添い、問題発見
  2. 定義…ユーザーのニーズや問題としている点、ユーザー自身が考えることをはっきりさせる
  3. 概念化…仮説、新しい解決法を示す
  4. 試作…問題への実際的取り組み
  5. テスト…検証

デザイン思考では、検証を最も重要視します。
また重要なこととして、上記5段階はこの順番に進めていかなければなりません。

デザイナーは、デザインし優れたデザイン方を学び、教えあい、人間中心的なアプローチで表現し問題解決を図ります。
これがデザイン思考の源であり、今後の目まぐるしい社会の変化にも、柔軟に対応していけるものでしょう。







- 思考法・フレームワーク

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.