ノートの作り方

書き込む情報量が多すぎる人のための、清書いらずなノートの作り方

2019年9月3日




ノートの作り方は、実に悩ましい

老若男女問わず、勉強に取り組んでいる人たちにとって、ノートの作り方は、実に悩ましいものです。

特に、書き込む情報量が多すぎる人にとっては、なおさらのことです。

ここでは、そのような人たちのための、ノートの作り方について解説します。

あえて書き直して清書しなくて済むようにする

情報量の多い人たちにとって、勉強中、講師の話などを聞きながらメモ書きする人が多いかと思います。

そして、あとで時間のあるときにまとめようと考えている人が多いのではないでしょうか?

しかしながら、忙しいためになかなか清書が進まずに、雑なメモ書きのままで、ところどころ何を書いたか分からなくなってしまったこともある方は多いかと思います。

そのため、ノートの作り方のまず第一のポイントとして、あえて清書せずに済むようにしましょう。

次に、そのコツについて解説します。

清書いらずなノートの作り方とは?

字は読めるように

清書いらずなノートの作り方として、最も重要なのは、どんなに焦っていても、読める字を書くということです。

文章が思いつかなければ、キーワードを羅列させる

ノートの作り方として、皆さんは、しっかりとした文章で書き込まなければならないとお考えの方が多いでしょう。

しかし、講義中など、次から次へ聞いたことを書き留めなければならないとき、不意に文章が書けない場合があります。

そんなときは、とにかくキーワードを羅列して書き込むようにしましょう。

もったいないけど、みっちり書きこまない

情報量が多すぎて、きれいにノートをまとめる余裕がない場合、とにかく文章やキーワードの間には、余白と区切りを入れるようにしましょう。

後で思い出したり、疑問点が湧いたりしたときに、メモ書きできるようにして、内容を充実させることができます。

書いたノートは繰り返し見返そう

書いたノートは繰り返し見返しましょう。

見返すことにより、先述の思い出したことや疑問点を書き加えたり、書き込んだことを頭に叩き込んだりすることができるようになります。

まとめ

書き込む情報量が多すぎる人のための、清書いらずなノートの作り方として、以下のポイントが挙げられます。

  1. 字は読めるように
  2. 文章が思いつかなければ、キーワードを羅列させる
  3. もったいないけど、みっちり書きこまない
  4. 書いたノートは繰り返し見返そう

以上のポイントを踏まえて、効率の良い勉強術の一環として、ぜひお試し下さい。







- ノートの作り方
-,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.