社会学

現代の社会学は、小さな世界を扱うようになった

リカレンティスト編集部

リカレンティスト編集部

編集部オリジナル記事や寄稿記事を投稿しています。

社会学と聞けば私たちは、なにか社会全体を一挙に説明してくれるような、スーパー理論を考えてしまいがちです。
しかし、そのような大きな理論、いわゆるグランド・セオリーというのは、ひと世代前までの社会学です。

現代では、そうした社会学はあまり好まれません。
それは、大きな理論で全てを説明し尽くそうとする姿勢は、かえって目の前に起きている個別具体的な社会の出来事を、消し去ってしまうものだからです。

そこで、現代の社会学者は、いかにして目前のミクロな「社会現象」を掬い取ってゆくか、ということが課題となります。

たとえば差別の問題があります。

ここで大きな理論を持ち出し、社会の側に実際にこのような差別構造があるのだ、と存在論的に語ることは簡単です。
しかし、それでは問題は解決しないのです。

実際に差別が起きる場所というのは、そういうところではありません。
日常言語のような、一見中立だと本人も思って要るところに、気づかれずに権力が潜んでおり、そこから差別は根強く残り続けるのです。

こうしたものをすくい取るには、理論ではなく、個別的なインタビューや、言説調査、フィールドワークなどによる慎重な調査が欠かせません。

現代の社会学者は、そうして地道に活動しているのです。







【PR】一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

通信制大学の関連ページ

Pick UPサイバー大学

驚異の卒業率《75.9%》!学習サポートが手厚いサイバー大学で大卒資格

スクーリング 卒業率
一切不要 75.9%
学費 資料請求費用
履修する単位数で変動 無料
>サイバー大学の記事一覧

おすすめポイント

  1. サイバー大学は通学不要!スクーリングなしで卒業
  2. 通信制大学としては、驚きの卒業率《75.9%》
  3. 働きながら学士号(大学卒業資格)を取得可能

\無料資料請求はこちら/

サイバー大学の入試・就職先・学費・募集要項・口コミ・評判のまとめ

サイバー大学の入試・就職先・学費・募集要項・口コミ・評判をまとめました。

-社会学

© 2018 リカレンティスト