社会学

現代の社会学は、小さな世界を扱うようになった




社会学と聞けば私たちは、なにか社会全体を一挙に説明してくれるような、スーパー理論を考えてしまいがちです。
しかし、そのような大きな理論、いわゆるグランド・セオリーというのは、ひと世代前までの社会学です。

現代では、そうした社会学はあまり好まれません。
それは、大きな理論で全てを説明し尽くそうとする姿勢は、かえって目の前に起きている個別具体的な社会の出来事を、消し去ってしまうものだからです。

そこで、現代の社会学者は、いかにして目前のミクロな「社会現象」を掬い取ってゆくか、ということが課題となります。

たとえば差別の問題があります。

ここで大きな理論を持ち出し、社会の側に実際にこのような差別構造があるのだ、と存在論的に語ることは簡単です。
しかし、それでは問題は解決しないのです。

実際に差別が起きる場所というのは、そういうところではありません。
日常言語のような、一見中立だと本人も思って要るところに、気づかれずに権力が潜んでおり、そこから差別は根強く残り続けるのです。

こうしたものをすくい取るには、理論ではなく、個別的なインタビューや、言説調査、フィールドワークなどによる慎重な調査が欠かせません。

現代の社会学者は、そうして地道に活動しているのです。







- 社会学

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.