哲学 美学

現代の美学とは:ポストモダンの時代の美の哲学

2019年5月26日




美の哲学である美学の変遷

現代は様々な価値観が交錯する時代です。
そうした時代にあって、美の哲学であるところの美学は、いかなる変遷を遂げたのでしょうか。

20世紀初頭の芸術家・詩人・作曲家は、既存の美という概念にチャレンジし、芸術と美学の扱う範囲を広げました。

たとえば、ある哲学者は 、現実そのものが美的であり、「世界・芸術・自己はお互いを説明している」「それぞれが対話の美意識である」という哲学を打ち立てました。
この理論によれば、世界が変われば美が変わり、美が変われば世界が変わるのです。
これは大変なことです。

ポストモダンと呼ばれる時代の美学

つまり、美学がその時代の美についての哲学であるならば、美学は現代に合わせて姿を大きく変えるということになります。
いわゆるポストモダンと呼ばれる時代の美学がどうあるべきなのか、それを定義するために様々な試みがなされてきました。

美は美術の中心であり、オリジナルであるという前提は、もはや通用しません。
芸術の表現はかつで美しさが中心でしたが、それは扇動的なセンセーショナリズムにとって代わられてしまったからです。

たとえば、マルセル・デュシャンが男性用の立ち小便器を展示し、芸術作品と呼んだことは誰しも知っています。
そうした時代の中で、いかに美学を確立するかといった模索が、続けられているのです。

美学の関連記事


【感性の学としての美学】美学という名前の由来をご存知ですか?

美学の語源 美学という名前は一見するとわかりにくいですが、語源を探ってみましょう。 美学は英語ではaestheticといいます。 これは、ギリシャ語の「アイステティコス」、つまり「美的・感覚的・感覚的 ...


実験的美学とは何か?美学と科学の交わり

美学は人文科学の一分野です。 とすると、美学と科学とは、水と油のように相反するものだと思われがちです。 しかし、美学と科学には思わぬ交わりがあるのです。 そうした交わりの一つが、実験的美学と呼ばれる試 ...


善いことと美しいこと「倫理と美の関係について」

倫理学は哲学の一分野です。 哲学は、真・善・美を扱う学問だとは、よく言われることです。 その3つそれぞれが、論理学・倫理学・美学といったサブカテゴリに対応しています。 つまり、倫理学における善と、美学 ...







- 哲学, 美学
-

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.