哲学

現象学とは一体どのような哲学の方法論なのか

2019年6月28日

ソフィー

ソフィー

哲学や倫理に関心があります。

【分析哲学と現象学とは】

現代の哲学には様々な潮流があります。

アメリカやイギリス、オーストラリアなどの英語圏では、分析哲学と呼ばれる、非常に自然科学の方法論に近いような哲学が主流です。
一方でドイツやフランスなどの大陸では、現象学と呼ばれる哲学が主流です。

分析哲学と現象学は、互いに交流を深めていますが、依然別系統の哲学だという見方が強くあります。

【現象学とは】

それでは現象学とはどのような哲学なのでしょうか。

ごく単純に言ってしまえば、

「私にとって世界がどのように見えているか」

を記述するという方法論です。

エドムント・フッサールというドイツの哲学者が考え始めました。

【判断停止】

具体的にどういうことでしょうか。

たとえば、

「りんごが存在する!」

と主張しても、

「存在しないかもしれないではないか」

と反論されてしまえば、うまく言い返すのは難しいわけです。

しかし、現象学ではまず

「この際だから、存在するかどうかは置いておこう」

とします。

これをエポケー=判断停止と言います。

【そして記述する】

判断停止をした上で、存在するかどうかは別にして、ともかくりんごがあるように見える、そしてこのように見える、ということを淡々と記述してゆくのです。

なんだか、自分にもできそうな気がしてきますね。
この手法を身につければ、今日からあなたも現象学者なのです。







【PR】一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

通信制大学の関連ページ

Pick UPサイバー大学

驚異の卒業率《75.9%》!学習サポートが手厚いサイバー大学で大卒資格

スクーリング 卒業率
一切不要 75.9%
学費 資料請求費用
履修する単位数で変動 無料
>サイバー大学の記事一覧

おすすめポイント

  1. サイバー大学は通学不要!スクーリングなしで卒業
  2. 通信制大学としては、驚きの卒業率《75.9%》
  3. 働きながら学士号(大学卒業資格)を取得可能

\無料資料請求はこちら/

サイバー大学の入試・就職先・学費・募集要項・口コミ・評判のまとめ

サイバー大学の入試・就職先・学費・募集要項・口コミ・評判をまとめました。

-哲学

© 2018 リカレンティスト