学部選び

理工学部に入って得られたことと、気が付いたこと

2019年1月28日




理工学部を選んだのは、とにかく理系の教科が得意だったのが理由です。特に何かになりたいとかそういう具体的なことはなく、数学や物理が得意だったので、理工学部かなという感じで理工学部を選びました。

学部選びのポイントというのは、それくらいでした。
理工学部に入ったおかげで役に立ったことは、とにかくロジカルシンキングができるようになりました。論理的な思考が授業や宿題などで鍛え上げられたと思います。ロジカルシンキングそのものの授業もあり、とても面白かったのを覚えています。

理工学部あるあるは、女子がとにかく少ないということです。男子校なのではないかと思うくらいです。自分の学科には、120人の学生がいたのですが、女子は2人だけでした。かなりの少ない人数だったのを覚えています。

理工学部で学ぶ意義とは、将来エンジニアとか研究者になりたいという人には、学ぶことが良い学部なのではないかと思います。専門知識を大学の頃から学ぶことができ、かなり貴重な体験なのではないかと思います。

学部選びのアドバイスとしては、自分のように得意な教科では選ばない方がいいかなと思います。それよりは、将来、なりたいものから考えて学部を選んだ方が良いと思います。







- 学部選び

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.