集中力

疲労回復、集中力アップに役立つ曲調はショパン

投稿日:2019年3月9日




BGMとして最適

クラシックは幅広く曲調があり、様々なシーンで使えます。
その中で勉強に向いている曲調はどんなものかというと、うるさすぎない、テンポがゆるやかであり心地よい、意識を取られないものでしょう。
お勧めは、ショパンです。
明るめの音で構成されていますし、長時間流していても疲れるということがありません。
むしろ、心地よさの中、勉強に集中できるようになります。

お勧めのショパン

ショパンの代表作と言えば幻想協奏曲やエチュード、ノクターン、ワルツ等ですが、できれば、ワルツやノクターンが収録されている音源がいいと思われます。
幻想協奏曲は激しさもありますので、ついつい意識が持っていかれてしまう時があります。
ワルツやノクターンは、ゆるやかな曲調ですので、勉強のさまたげになることはありません。
音源によって、収録されている曲は様々ですので、聞き比べてみるのも良いかと思います。
ワルツを流していると、軽快なステップに後押しされて手元がはかどるということが良くありますし、ノクターンは落ち着いていてしっとりとしているので、疲労している頭を休める効果もあります。
クラシックは総じて疲労回復、集中力アップの効果がありますので、うまく活用することをお勧めします。







-集中力
-

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.