大学生活への後悔、そして

目標をはっきりと見極めた効率のよい勉強ができる強みとは




高校から大学にいく際に、どの学部でも選べる程度の成績は残していましたが、あの当時は大学=遊ぶ所という考えが強く、こうなりたいという目標もなく楽そうな学部にいってしまいました。
大学も、将来こうなりたいからするというのではなく、大学を卒業するために単位を取るという目の前の目標でしかみていませんでした。

その後、人並みに就職活動をし,特に強い希望の会社でもなく生活&遊ぶお金のために働いていました。
実際に社会のある程度の一面をみて、人間関係を知り、そこで初めて大学の時にもっときちんと話を聞いておけばよかったと後悔しました。
学部の授業だけではなく、興味のある授業も受けらましたが当時は勉強なんてと思ってきちんと勉強していませんでした。
今こそ、あの授業をしっかりと受けてみたいと感じるようになりました。
ただ、今そう思えるようになったのは、大学卒業後に様々な経験を積み、そして社会をみた結果、自分が学びたかったこと、やりたいことが見つかったからです。

人よりそれに気づくのが遅かっただけで大事なことはそれを始めるか、始めないかということだと私は思っています。
視野が広がった今だからこそ、あの時以上に学べることも多いと思っています。







おすすめの本

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
大学生活への後悔、そして

大学生活への後悔、そして

「大学生活への後悔、そして」をテーマにした体験談です。
匿名での投稿はこちら。
https://recurrentist.info/contact/
※内容を確認後、編集部アカウントで公開します。不適切な場合は公開できません。

匿名ではなく、寄稿という形で想いを語りたい方はこちらへ。
https://recurrentist.info/post/
※名前はニックネームでも構いません。

-大学生活への後悔、そして

© 2020 リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|通信制大学、大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア