勉強とは

社会人が働きながら効果的に勉強して資格を取る方法とは

2019年5月8日




社会人にとっての資格取得

社会人になって資格を取得することで、正社員になれたり昇給したりといったメリットがあるという会社も多のではないでしょうか?
しかしメリットが大きければそれだけ、難しい資格だったりしますから、いかに効率よく資格を取るかが問題となります。

働きながら勉強

社会人は特に働きながら勉強をしなければなりませんから、空いた時間を最大限に利用するための勉強方法を覚えておくべきでしょう。

資格を取得するために、時には友達との付き合い方や、会社の仲間との関係も変えていく必要があります。
それまで頻繁に友達や同僚と遅くまで飲み会に参加していた人は、その回数を減らしたり場合によっては、そういったつきあいを一切しないという選択も必要かもしれません。

その資格を取得するのは、自分の将来にとって、絶対に必要な場合はまず資格を取るための勉強を第一に考えるべきです。

苦手分野の勉強

自分にとって苦手分野の勉強はつらいものです。
私は数学が苦手でしたから、電気主任技術者の資格を取るのにかなり苦労するだろうと予想していました。

しかし、数学を勉強するのと、資格のための勉強とは違うことが分かりました。
たとえ数学が苦手でも、公式を全てゴロ合わせで覚えたり、問題の傾向を理解することで苦手な科目でも案外楽に合格することができました。

ですから、苦手分野の科目を勉強するには、基本的なことからみっちりと勉強しようとは思わずに、資格取得が目標ならばその資格の傾向をまず充分に理解してそれ以外はやらないことです。

苦手分野を基本から勉強するのは、かなりの労力がいりますし、なによりストレスになります。

その分野でしっかりと勉強するという目標ではなく、資格さえ取得すればいいのであれば、資格を取るための勉強法に徹することです。

合格のコツ

たとえば、電気主任技術者に合格したければ、過去の問題から出題頻度の高い順に徹底的に問題を解く事が必要です。

社会人で仕事をしながら勉強する人は、勉強時間を短縮したいのは当然でしょう。
そんな場合に苦手分野の基本から勉強しようとしても、なかなか合格はできません。

短期間の勉強で一回の試験で合格する人は、普通に頭がいいのだといえまずが、それ以上に資格取得のための効率的な勉強方法を知っていたということです。

私が電気主任技術者の資格に合格したときは、それまでの参考書中心の勉強を一切やめて、問題集のみで勉強しました。
勉強のイメージとしては、参考書を中心に勉強するのが常識ですが、問題集に重点を置く事によって、短時間で効果的な勉強ができて合格することができました。







- 勉強とは
-, , , , , ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2020 All Rights Reserved.