勉強コラム 勉強法

社会人になってから勉強の仕方を勉強する事の大切さに気づきました

投稿日:2018年11月27日




・学生のときに勉強する意味とは

社会人になってから、なぜ学生のときに勉強していたのか筆者なりの答えを見つける事ができました。

それは「勉強の仕方を勉強する」と言う答えでした。

もちろん、志望校に入りたい、テストで良い点数をとり周りから評価されたい等、他にいくつも答えがあります。
それらは大事な事で否定するつもりはありません。上記はあくまで筆者なりの答えの一つになります。

・「勉強の仕方を勉強する」とは

社会人には、昇進試験や資格取得試験、仕事で限られた期間内に専門知識を身に着ける必要があるなど、
勉強する(勉強しなければならない)機会が多くあります。

そのときは、仕事と両立させながら、いかに効率良く勉強できるかが課題になります。

しかし、効率の良い勉強方法は人によって異なり、自分なりの最適な方法を見つる事が重要です。
それが「勉強の仕方を勉強する」と言う事になります。

・試験は勉強の仕方の成果を検証する場所

自分なりの最適な勉強方法を見つけれたかは、試験を受ければ分かります。
自分なりに勉強したのに点数が悪ければ、最適な方法では無かったと言う事になります。

そのときは、自分で勉強方法を見直すのも良いですし、他の人からアドバイスしてもらうのも良いかと思います。
点数が良ければ今の方法を進めれば良いですし、さらに改善できないか考えるのも良いかと思います。

・情けないお話しですが・・・

上から目線の偉そうな事を書きましたが、筆者は最適な勉強方法を見つける事ができず苦労しております。
良い方法をご存知の人がおりましたら、ダメダメな筆者にアドバイスして頂けたら幸いです。







- 勉強コラム, 勉強法
-, ,

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2018 All Rights Reserved.