経営学

経営経済学部を選んだ理由と学部選びのポイントとは

2019年1月11日




・経営経済学部という学部を選択した理由と実際学んだこと

会計士や経理といった会社の数字を扱う仕事に興味があったこと、将来就きたい職業を考えた時に、一番近い学問だったからです。

経営経済学部では、会計学の勉強を通して簿記の資格取得を目指しました。
この資格は、実際の就職活動に役に立つことがあったので、取得してよかったと感じています。

更に、会社の経営状態を把握するための決算書の読み方や分析の仕方、有名企業の経営者が起こした改革などの勉強を行いました。

経営学に関しては、就職活動の時に希望する企業の決算書を見て、どのような経営状況なのかをあらかじめ知ることができたので、学んでよかったと感じています。

ただ、この学部で学んだからといって、当初目指していた会計士や経理といった職業に実際なれたかというと、答えはノーです。
会計士になるには公認会計士として特別な授業を受ける必要がありましたし、別途専門の学校へ通う人も多くいました。

経理職は、経験者を求める求人が多くあり、新卒での枠はごく限られたものでした。
実際は一般的な事務職への就職となりましたが、学部で学んだ会計学や経営学の知識のおかげで、務めている企業の経営状況を数字に基づいて理解できる知識がついたと感じています。

・学部選びのポイント

将来なりたい職業が明確な人は、その職業に基づいた学部を選び、学ぶべきだと思います。
もしそういった関連性の高い学部がない場合は、各学部を調べて、最も自分が興味のあることやずっと勉強してても飽きなそうな学部を選べば間違いないと思います。

4年生の大学では、細かく枝分かれはあるものの、一つの大分野と4年間付き合うこととなりますし、最後にはその学問について枚数を指定された論文を執筆しなければなりません。

少しでも興味があるもの、とっつきやすいものでないと、学問を深めるどころか辛い4年間になってしまいます。

途中で学部を変更することができる制度もありますが、その場合すでに勉強が進んでいる生徒の中で1からスタートするのも、なかなか気持ちが強くないと難しい部分もあると思います。

まずは、自分は将来何をしたいのか、今どんなことに興味があるのか、どういった分野が好きなのか、どんな勉強をしたいのか、資格が欲しいのか、ざっと書き出して見てください。
そのキーワードを含む学部を選ぶことが、学部選びでミスマッチを防ぐ方法なのです。







- 経営学
-, , ,

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.