経済学

経済学を知りものの考え方の基礎を身につけることの大切さ

2019年10月15日




経済学の基礎は古典学派

経済学の学びは、イギリスの古典学派からスタートするのが一般的です。
私も、師事した教授から徹底した古典学派の基礎を学び、お金の仕組みについての基礎を叩き込まれました。

経済学は実生活には役立たない?

そして、自由主義、新自由主義、共産主義、社会主義といった経済から派生したイデオロギーにまで、その学びを深めることができました。
経済学の学びを直接的に生活に役立てる事例は難しいですが、経済の成り立ちや人類に与えた影響を考察するものの見方の基礎が醸成されます。

何故、経済学は重要なのか

人類の歴史には常にお金というものが関わっています。
国家の発展も、国境線の書き換えも、国民生活の繁栄も、全ては経済発展の如何によるものです。
そこから、国家間の争いや相克が起きています。一方、私たちの生活にグローバル化した経済が深く関わっているのが今の世の中です。

合理的なものの見方を養う

一国の経済環境は、一国だけのものでは無くなりました。
私たちの身の回りにあるものの大半は、材料の調達から製品化までに多くの国々が関わっています。
それらの仕組みをも網羅しているのが、現代の経済学理論であって、そこから国家間の外交問題を考察する足がかりともなります。
経済学はそれらを数値化し、より合理的な判断への材料ともなるものです。







- 経済学
-

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.