偏差値とは

高校や大学における偏差値とは - 偏差値40、50、60、70でどう違うのか

投稿日:




偏差値とは

一般的に、

偏差値=地頭

と考えている人はとても多いですが、偏差値とは決して地頭の良さのことではありません。

偏差値を「ものすごく簡単に」表現すると、

中学生の偏差値はどれだけ中学生の学習範囲を理解しているか。
高校生の偏差値はどれだけ高校生の学習範囲を理解しているか。

ということです。

偏差値の求め方

偏差値はある集団の中での自分の成績の位置を表しています。

例えば、大学受験の全国模試の場合、

平均点なら偏差値は50となります。
平均点以上なら偏差値は55、60、65、70と点数に合わせて高くなります。
平均点以下なら偏差値は45、40、35、30と点数に合わせて低くなります。

つまり、偏差値とは中学や高校のそれぞれの学習範囲の理解度の指標でしかないのです。

偏差値が低いから頭が悪い、と思う必要はありません。
「ああ、まだ勉強が足りない部分があるんだな。」
それだけのことです。

「偏差値が50しかない。どうやって偏差値をアップすればいいのだろうか。」
と悩むよりも、偏差値50=平均点と考えて
「次回は平均点よりも良い点数を取ろう。」
このように考えた方が、ただ偏差値アップを目指すよりも前向きに勉強に取り組めるのではないでしょうか。

※厳密に言うと、偏差値の出し方についてはもっと複雑な条件等もあるのですが、ここでは「偏差値とは何か」ということについての簡単に説明するために、高校生の学習範囲の理解度=偏差値と必要最低限の説明にしています。







おすすめの本

-偏差値とは
-,

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.