勉強コラム

勉強コラム 哲学 読書術

2019/6/13

急ぐ道こそ回れ!これから哲学を学ぶ人のための3つのヒントとは

・哲学の基本は「問い」を立てること! 古代ギリシアの哲学者ソクラテスは、道行くアテネの人々を捕まえては次のような問いかけをおこないました。 「知るとは何か」 「正義とは何か」 「愛とは何か」 いつの時代も、哲学の中心にあったのはこのような問いかけでした。 知や正義、愛――それは今日、当たり前のように使われている言葉です。 けれども、私たちは「愛」についてソクラテス以上に何を知っているでしょうか?  多忙な現代人は、「正義」の意味について、わざわざ立ち止まって考えてみようとはしません。 いま、哲学を学ぶとい ...

勉強コラム 勉強法 英語学習法

2019/6/3

【英語学習】英語の語彙力を増やしたい方にオススメの本とは

一番の問題は英語の語彙力 皆さんが英語を勉強するにあたって一番の問題は英語の語彙力ではないでしょうか。 英語を勉強すればするほど難しい単語と出会い、自分の語彙力の少なさに自信をなくすことだと思います。 では、語彙力を増やすための2つの方法を紹介します。 【英語の語彙力の勉強法】 1.英単語の本での勉強 ・一番簡単で始めやすいのが英単語の本を買い、勉強する方法だと思います。受験や資格勉強を経験された方は英単語の本を買ったことがあるのではないでしょうか。 おすすめの本を紹介します。 ・DUO3.0・・・こちら ...

ノートの作り方 勉強コラム 勉強法

2019/6/1

毎日少しずつの努力を続けることが身に着く勉強のコツとは

学力の差の理由 勉強ができる人ってなんで勉強ができるんだろう? どうして同じ授業を受けて同じように24時間ある生活の中からこんなにも学力の差が出てしまうのか? それは、毎日のたった30分でも一時間でもいい。 その1日1日のたったそれだけの時間の努力を復習に費やすことで大きな学力の差が出てくるのだと思います。 復習の方法 ではその少しの時間で何をするのか? それはただシンプルにその日授業で習ったノートを他のノートに写す。 その時に声に出しながらその日の授業で習った事を思い出しながら写していくとより効果的に記 ...

勉強コラム 勉強法 英語学習法

2019/5/29

【受験生必見!】センター試験英語等に合格する勉強方法とは

センター試験に合格するためのアドバイス センター試験に合格するために私ができる範囲でアドバイスいたします。 まずポイントはできるだけ受験本番約4ヶ月前までに基礎や応用問題集等を完成させることができるかがまず第一です。 基礎をとにかく完成させ、応用もできる限り対応させます。 それから四ヶ月前になってきたらセンター試験の過去問や志望校の過去問だけを集中的に解きまくってください。 どんなに時間が無くても最低センター試験の過去問と志望校の過去問10回分ずつは解いておきたい所です。 時間があればどちらか苦手な方をも ...

勉強コラム 勉強法 読書術 集中力

2019/5/20

【本を理解するための3つのコツ】内容をきちんと理解するための読書術とは

本の内容を理解する読書術 一般的に勉強する際、誰しも教科書や参考書といった本を読みます。 本の内容を理解することで知識などを得るのは極めて当たり前です。 ですが、本の内容を完璧に理解したり、覚えていると断言できる人は実はそこまで多くないでしょう。 内容をある程度理解したら、本棚などにしまい込み、 「あれ、あの本ってどんな内容だっけ」 というようにうろ覚えになっていませんか。 このような読み方、勉強方法は自然なことです。 しかし、きちんと本の内容を理解するといった観点からは適切ではないといえます。 以下より ...

勉強コラム 勉強法 受験生

2019/5/19

毎日継続して続けることが実力アップにつながる!

・勉強できるタイプとは  私は塾講師、予備校講師、高校教師などを歴任し、子どもに実力の付けさせ方について、常に考えておりました。 その中で最も感じたことは、勉強がよくできる子は短い時間であっても集中して毎日コツコツするということです。 勉強が苦手な子ほど、毎日やらない、または勉強の仕方がわからないと言ってその環境から逃げ出そうとします。 ・時代が変わっても勉強方法は同じ  最近の子は教科書を眺めているだけで、読みも書きも喋りもせずに勉強していると言っている。 これはただ勉強しているつもりであって、眺めてい ...

リカレント教育 勉強コラム

2019/5/18

人生100年時代を生き抜く、リカレント教育のすすめ

・リカレント教育とは  最近、リカレント教育という言葉を聞いた事はありませんか。 リカレント教育とは、社会人になってから改めて学び、学んだ知識を活かして働く。 これを繰り返すことをいいます。 教育という言葉から、学校をイメージする方も多いと思います。 働きながら学校にかようなんて無理。確かにしごとして、学校に通うのは現実的に難しい状況の方も多いと思います。  リカレント教育=学校。ではありません。 例えば、英会話教室に通う。通信教育で資格を取る。 これも学びです。 今は教室に通わなくてもスマホやパソコンか ...

勉強コラム 楽しく生きる

2019/5/17

勉強って何?暇だからこそ分かることがある

子供の頃の振り返り 小学生の頃、勉強より遊んでいる方が楽しかったです。 中学生の頃、勉強が少し難しくなって、とりあえず部活頑張っていました。 高校生になって、勉強が全然わからなくなりましたが部活に打ち込み、受験シーズンになったので勉強しました。 こんな感じの人生が大半ではないでしょうか? 学生時代の勉強なんて、やらされてる感満載の社会に飲まれた勉強なんです。 しかし、大学に入って時間ができた時に思うことがあります。 ついついスマートフォンを あ、暇だな、何かすることないかな。 今の時代、暇になったらスマー ...

おすすめの本 勉強コラム 経済学

2019/5/10

大学で学ぶ「経済学」とは?その学習のコツ。

大学で学ぶ経済学とは?その学習のコツ 大学で経済学を学ぶコツは、授業で数多く出てくる経済学者それぞれの『人物』に付いて、掘り下げて学ぶことです。 はじめに理解しておくべきなのは、経済学はお金を稼ぐためのモノではないということ。 其々の時代で、先人がどうやって世界を良くしようとしてきたか? それを現代に生きる我々がどう活かしていくか? という学びを大きな目的の一つとします。  おすすめの本  私が勉学の一助としてお勧めする本は『労働者の味方、マルクス―歴史に最も影響を与えた男マルクス』。 マルクス経済学で有 ...

勉強コラム 学びとは 楽しく生きる

2019/5/10

学びや勉強は生きている限り続き、それは人生を豊かものにします

・若い時の学び 私も子供の時から学校で、塾で、一人で様々な勉強をしてきました。 それが私の精神を形成し、何かを始める時の知恵の小さな源泉となりました。 勉強や学ぶことは単なる知識や知恵の集合物ではなく、勉強することによって未知のことを自分の中に取り込む術を訓練させてくれる良い機会となりました。 ただ社会人になって思い知らされたことは、学生時代の学びや勉強は、あくまで受動的なものであったということです。 ・大人になっての学び 大人になって、社会人になっての学び、勉強は自分自身が主体になって、能動的に進めて行 ...

勉強コラム 学びとは

2019/5/9

限界を押し広げるためにも一生学び続けるべき

それぞれのキャパシティ 一人ひとりが持っているキャパシティは、それぞれ違いがあります。 生まれもって才能に恵まれている人もいれば、何をやってもうまくいかない人もいます。 しかし「学び」こそが、それらの差を縮める絶好のチャンスなのです。 ここでは、そのためにも人はいくつになっても学び続けるべきであることについて、解説します。 残念ながら一人ひとりには能力の限界がある 「天は人の上に人を造らず…」ととある明治の偉人は仰っていましたが、残念ながら人は、その生まれた環境において、あるいは身体的な能力や特徴などによ ...

勉強コラム 資格試験

2019/5/8

社会人が働きながら効果的に勉強して資格を取る方法とは

社会人にとっての資格取得 社会人になって資格を取得することで、正社員になれたり昇給したりといったメリットがあるという会社も多のではないでしょうか? しかしメリットが大きければそれだけ、難しい資格だったりしますから、いかに効率よく資格を取るかが問題となります。 働きながら勉強 社会人は特に働きながら勉強をしなければなりませんから、空いた時間を最大限に利用するための勉強方法を覚えておくべきでしょう。 資格を取得するために、時には友達との付き合い方や、会社の仲間との関係も変えていく必要があります。 それまで頻繁 ...

おすすめの本

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.