勉強とは

勉強とは

2019/9/2

生きるということは学ぶことであることに気が付いて〜勉強とは何のためにするのか

よく言われていることがあります。 学校での勉強を、学ぶという行為のすべてあると勘違いしてはいけないと。 学校で学ぶことには、限りがあるからです。 具体的に言うと、お役所が決めた学習指導要領の範囲内にしたがって、今の日本の学校では授業しています。 あるいは、高校入試や大学入試、英検などの資格試験には、試験に出す範囲があることを思い浮かべて欲しいです。 すべてあらかじめ決められた枠があります。 自分で決めた枠ではなく、いわば社会的に押し付けられたそれにしたがって学校などで学んでいるのですから、勉強することがは ...

偏差値とは

2019/7/4

高校や大学における偏差値とは - 偏差値40、50、60、70でどう違うのか

偏差値とは 一般的に、 偏差値=地頭 と考えている人はとても多いですが、偏差値とは決して地頭の良さのことではありません。 偏差値を「ものすごく簡単に」表現すると、 中学生の偏差値はどれだけ中学生の学習範囲を理解しているか。 高校生の偏差値はどれだけ高校生の学習範囲を理解しているか。 ということです。 偏差値の求め方 偏差値はある集団の中での自分の成績の位置を表しています。 例えば、大学受験の全国模試の場合、 平均点なら偏差値は50となります。 平均点以上なら偏差値は55、60、65、70と点数に合わせて高 ...

勉強とは

2019/7/20

学生時代に何故勉強するのが大切と言われるのかについて、最近ふと考えることとは

 僕は、中学生時代・高校生時代は特に勉強が嫌いでした。  その大きな原因は、今振り返って改めて考えても、その当時の思いになって考えても、教科書が何を言いたいのか全然さっぱり分からなかったからです。分からないというのは、勉強をしようとする上で大変な邪魔者になります。  年齢が30歳を超えてから、今現在に至るまでの間に、資格の取得の勉強をかれこれ約6年以上継続中の状態になり、2つから3つくらいの専門分野の資格取得に成功しました。そして、これだけの期間を資格取得のためとはいえ勉強することに費やしたことで、最近に ...

勉強とは

2019/5/27

【本を理解するための3つのコツ】内容をきちんと理解するための読書術とは

本の内容を理解する読書術 一般的に勉強する際、誰しも教科書や参考書といった本を読みます。 本の内容を理解することで知識などを得るのは極めて当たり前です。 ですが、本の内容を完璧に理解したり、覚えていると断言できる人は実はそこまで多くないでしょう。 内容をある程度理解したら、本棚などにしまい込み、 「あれ、あの本ってどんな内容だっけ」 というようにうろ覚えになっていませんか。 このような読み方、勉強方法は自然なことです。 しかし、きちんと本の内容を理解するといった観点からは適切ではないといえます。 以下より ...

勉強とは

2019/6/6

勉強って何?暇だからこそ分かることがある

子供の頃の振り返り 小学生の頃、勉強より遊んでいる方が楽しかったです。 中学生の頃、勉強が少し難しくなって、とりあえず部活頑張っていました。 高校生になって、勉強が全然わからなくなりましたが部活に打ち込み、受験シーズンになったので勉強しました。 こんな感じの人生が大半ではないでしょうか? 学生時代の勉強なんて、やらされてる感満載の社会に飲まれた勉強なんです。 しかし、大学に入って時間ができた時に思うことがあります。 ついついスマートフォンを あ、暇だな、何かすることないかな。 今の時代、暇になったらスマー ...

勉強とは

2019/7/20

学びや勉強は生きている限り続き、それは人生を豊かものにします

・若い時の学び 私も子供の時から学校で、塾で、一人で様々な勉強をしてきました。 それが私の精神を形成し、何かを始める時の知恵の小さな源泉となりました。 勉強や学ぶことは単なる知識や知恵の集合物ではなく、勉強することによって未知のことを自分の中に取り込む術を訓練させてくれる良い機会となりました。 ただ社会人になって思い知らされたことは、学生時代の学びや勉強は、あくまで受動的なものであったということです。 ・大人になっての学び 大人になって、社会人になっての学び、勉強は自分自身が主体になって、能動的に進めて行 ...

勉強とは

2019/7/20

限界を押し広げるためにも一生学び続けるべき

それぞれのキャパシティ 一人ひとりが持っているキャパシティは、それぞれ違いがあります。 生まれもって才能に恵まれている人もいれば、何をやってもうまくいかない人もいます。 しかし「学び」こそが、それらの差を縮める絶好のチャンスなのです。 ここでは、そのためにも人はいくつになっても学び続けるべきであることについて、解説します。 残念ながら一人ひとりには能力の限界がある 「天は人の上に人を造らず…」ととある明治の偉人は仰っていましたが、残念ながら人は、その生まれた環境において、あるいは身体的な能力や特徴などによ ...

勉強とは

2019/6/6

社会人が働きながら効果的に勉強して資格を取る方法とは

社会人にとっての資格取得 社会人になって資格を取得することで、正社員になれたり昇給したりといったメリットがあるという会社も多のではないでしょうか? しかしメリットが大きければそれだけ、難しい資格だったりしますから、いかに効率よく資格を取るかが問題となります。 働きながら勉強 社会人は特に働きながら勉強をしなければなりませんから、空いた時間を最大限に利用するための勉強方法を覚えておくべきでしょう。 資格を取得するために、時には友達との付き合い方や、会社の仲間との関係も変えていく必要があります。 それまで頻繁 ...

勉強とは

2019/6/6

やる気が出ないならいっそ「追い込んじゃえ!」私のギリギリマックス試験・論文対策法!

1.はじめに 学業において、試験や論文などは大きな脅威です。 いくら日々の勉強を熱心にしていても、成績が振るわなかったり単位を取れなかったり、はてまた検定に合格しなければ意味がないケースが大半ですよね! 私も学生時代から社会人の今にかけて、多くの試験や論文、資格などと対峙してきました。 今回は、そのときに私の戦うスタイルについてご教示したいと思います! 2.誘惑とどう向き合うか? まず、試験勉強や論文書きをするとき、周りにたくさんの誘惑が出てきますよね。 テレビ、ゲーム、漫画、雑誌など…。 難解な試験を避 ...

勉強とは

2019/7/20

大人になってから、学んだ25年間について

25年間生きてきて学んだこと 私は25年間生きてきて学んだことが本当に数多くあります。 まずは勉強についてですが、学生の時って遊びに夢中になってしまい勉強なんか後回しにしてきた方もいらっしゃると思います。 私も遊びと部活に集中していました。 私は日本人なのに漢字が本当に苦手です。 私はアメリカに住んでいます ちなみに私はアメリカに住んでいます。 外国の方に日本語を教えるチャンスがありますが、私は学生のお頃に国語などをあまり好んでやっていなかったので、今になって日本人なら国語をちゃんとやっておくべきだったな ...

勉強とは

2019/7/20

人と出会い、新しい場所へ行くことで世界は広がる

働く中で気づいた学びの意味 私は学生を卒業して働く中で気づいた学びの意味は「人と会い、新しい場所へ行き、世界を広げること」だと感じています。 学校や会社という場所は自分が思っている以上に狭い世界で、際立って異なる価値観に触れることや、誰しもが体験できるわけではない経験をしてきている人は少ないです。 そういう世界で生きてくると、気づかない内に「これはこうすべき」というような固定概念が自分の中に出来上がってしまいます。 それ自体が悪いことではありませんが、まったく違う世界で生きてきた人に多く出会ったことで、私 ...

勉強とは

2019/7/20

大人になって分かった、気づいた、勉強の面白さとは

勉強が本当に嫌いでした 学生時代、私は勉強が本当に嫌いでした。努力はしていたものの、全く勉強が頭に入ってこず、成績はいつも散々で、早く大人になって勉強から逃れたい・・・。いつもそう思っていました。 ところがです。結婚してから、ふとした事から新選組にハマり、あれだけ大嫌いだった日本史に興味津々になりました。学生時代、日本史はいつも赤点でした。それなのに、新選組だけでも20冊を超える本を読み、他にもさか遡って色んな日本史の本を読み漁りました。日本史が大好きになりました。 大人になって気付く ああ、こんなに面白 ...

おすすめの本

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.