MBA・ビジネススクールとは

MBA・ビジネススクールとは

2020/9/22

【MBA取得のための費用】東京近郊のビジネススクール6選【留学せずに日本でのMBA取得方法とは】

ビジネススクールでのリカレント教育でMBA 大学を卒業して社会人となってから、再び学び直すリカレント教育に注目が集まっています。 ビジネスでのステップアップとしてMBAを目指して、ビジネススクールに通う人も増えています。 この記事では、人気MBAランキングにランクインするビジネススクールだけではなく新設のビジネススクールについても紹介します。 学び直したい社会人には通信制大学院もおすすめ 至善館(しぜんかん) / 東京駅、日本橋駅 至善館は、2018年8月20日に開学。 過去18年間にわたり1,400人を ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/8/2

ビジネススクールでの学びは想像以上の利益を私にもたらしてくれました

MBAを取得しようとしたきっかけ 私が英国のビジネススクールでMBAを取得しようと入学したのは2002年でした。 今風に言えば40歳を迎えて初めてリカレント教育を実行に移した次第です。 足掛け8年間の欧州駐在を終えて日本本社に戻った際に、義理人情、根回し、KPIを定めない仕事のやり方など大きな違和感を抱きました。 「これではこれから益々外国人ライバルと伍していかなくてはならない状況を生き抜くことができない」 という危機感が私にビジネススクールの門を叩かせました。 ビジネススクールでで学んだこと とにかく「 ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/8

ビジネススクールやMBAに期待すること「今わくわくして未来につなげたい」

<ビジネススクール・MBAについての考察> ビジネススクールは、ビジネス講座やビジネスセミナー等の形式をかなり以前から知っていましたが、恥ずかしながら、MBAについては知識がほとんどありませんでした。 MBAといえば、米マサチューセッツ工科大(MIT)ビジネススクールの(スローン / Sloan School of Management )という程度の浅学振りです。 そのため、今回ビジネススクール・MBAについて改めて知ろうとしたことで、予想外に日本で広がっているものだと驚きました。 最近AIが急速に浸透 ...

リーダーシップについてのフロー

MBA・ビジネススクールとは

2020/3/4

立教大学とパーソルグループ、人と組織の課題解決のために連携経営学研究科が日本初となる「リーダーシップ開発コース」を2020年4月に開設 ~日本型雇用が転換期のいま、組織を牽引できるプロフェッショナルを育成~

立教大学大学院経営学研究科(東京都豊島区、研究科委員長:山口和範)と、総合人材サービスのパーソルホールディングス(東京都港区、代表取締役社長:水田正道)ならびにパーソル総合研究所(同上、代表取締役社長:渋谷和久)は、経営学研究科が2020年4月に開設する日本初の「リーダーシップ開発コース」の運営にあたり、連携することを発表いたします。 ​ 1. 開設の背景・目的:立教でのリーダーシップ教育の蓄積を土台に、組織における 「次世代のリーダーシップ開発」 を担う人材を育成 ■グローバル社会に不可欠なのは、新しい ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/18

ビジネススクールで充実した人間関係を

リカレント教育としてのビジネススクール 最近では、仕事をしている方がリカレント教育としてビジネススクールに通っていることも珍しくありません。 会社以外の生活の中で多くのビジネスマンがリカレント教育をすることは大変重要な意味を持ちます。 自分と同じ業界や異業種の友人たちと普段からきちんとした交流をすることもキャリアアップを目指す中では大切な要素です。 一目置かれるビジネスパーソンとなるには普段からきちんとした交友関係を作っていかなければなりません。 ビジネススクールは経営大学院 慶應義塾大学大学院経営管理研 ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/3/19

ヒューマンアカデミービジネススクール 最短1カ月でMBAカリキュラムを学べる「Portable MBA」を2019年4月より開講

~「持ち運び可能なスキル」を身に付け、どんな環境でも活躍できる人材を育成~ ヒューマンホールディングス株式会社の事業子会社で、 教育事業を運営するヒューマンアカデミー株式会社(本社:東京都新宿区、 代表取締役:新井 孝高)が運営するヒューマンアカデミー ビジネススクール(HABS)は、 最短1カ月でMBA(経営学修士)を学べる「Portable MBA(ポータブルエムビーエー、 以下、 本講座)」を2019年4月より開講します。 【本件のポイント】 ●最短1ヶ月、 1回90分の講義でMBAのカリキュラムを ...

MBA・ビジネススクールとは

2018/12/14

海外で働くビジネスパーソン向けリカレント教育の支援 - 中国 上海で現地在住者向けにBBT大学大学院のMBA体験授業を提供

海外で働くビジネスパーソン向けリカレント教育の支援  アットプレスあらゆる年齢層に対し生涯に渡るリカレント教育を提供する株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役社長:柴田巌、以下BBT)が運営する「 ......

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/19

シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスエグゼクティブMBAプログラム・アジアの説明会を開催

​シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスは10月25日(木)午後7時より、帝国ホテル東京にて、新しい香港キャンパスで受講可能なエグゼクティブMBAプログラム・アジアの説明会を開催します。 シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネス 香港キャンパス   1898年に開校したシカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスは、米国で2番目に古いビジネス・スクールで、9人のノーベル賞受賞者を含む、著名な教授陣を擁する世界の名門ビジネス・スクールの一つです。1943年に世界初のエグゼクティブMBAプログラ ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/19

QS Jobs & Salary Trends Report 2018 - 求人&給与トレンドレポート発表! イギリスを拠点とする世界的な大学評価機関 QSが発表する調査レポート

アジア太平洋地域の学生はMBA取得のチャンス MBA取得を検討されている方に大変良いお知らせがあります。それは「QS 2018年度求人&給与トレンドレポート」(QS Jobs & Salary Trends Report https://www.topmba.com/jobs/career-trends/qs-topmbacom-jobs-salary-trends-report-2018 )最新版で、昨年全世界のすべての地域において、企業によるMBAホルダーの採用率が予想を超える成長があったとの ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/19

なぜ今がMBAを取得するのに絶好のタイミングなのか? イギリスを拠点とする世界的な大学評価機関 QS 主催 - 海外MBAフェア

院卒生向けの求人マーケットは飽和気味で競争率がより高くなっていますが、イギリスの高等教育評価機関クアクアレリ・シモンズ社(以下、QS)のグローバル・エジュケーション&キャリアチームによる最近の調査では、MBAホルダーは依然として魅力的な人材として注目されているとの報告をしています。 トップMBAホルダーを雇用する3,000社以上の企業からの回答をまとめたQS 求人&給与トレンドレポート最新版(QS Jobs & Salary Trends Report: https://www.topmba.co ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/19

MBAスクール5大学合同説明会&相談会 ~各校を代表する教授による模擬授業を体験~【KIT虎ノ門大学院にて9/2(日)開催!】 社会人の学び直しに興味をお持ちの方から、MBA取得を本格的に検討している方まで、1日で効率的に知り尽くすことができるイベントです。

昨今のビジネス環境は、AI(人工知能)やビッグデータなど第4次産業革命の波を受け急激に変化しており、ビジネスパーソンにとって生涯学び続けることは必要不可欠となっています。働き方改革や専門実践教育訓練給付金の拡充を追い風にして、MBAスクールで学ぶ社会人は年々増え続けています。この度、東京で学べる社会人を対象とした5校が、KIT虎ノ門大学院(東京・虎ノ門)に集結します! <イベント詳細ページ> http://www.kanazawa-it.ac.jp/tokyo/im/seminar/1203372_281 ...

MBA・ビジネススクールとは

2019/7/19

BBT大学大学院とBOND大学MBAプログラムの修了生を中心としたトーストマスターズクラブを設立

株式会社ビジネス・ブレークスルー(所在地:東京都千代田区、代表取締役:柴田巌、以下BBT)が運営するビジネス・ブレークスルー大学大学院(学長:大前研一、以下BBT大学大学院)とボンド大学ビジネススクール(所在地:オーストラリアクイーンズランド州)が提携して運営する「Bond-BBTグローバルリーダーシップ MBA プログラム(監修:大前研一、以下Bond-BBT MBA)」は、両修了生を中心にメンバーが集い、さらなる英語のアウトプットの場として、「BBT-Bondトーストマスターズクラブ」を設立する運びと ...

おすすめの本

© 2018 リカレンティスト