アンケート・調査結果

アンケート・調査結果

2019/5/11

働く主婦への意識調査:“学び直し”したいですか? 学び直したい 92.2% 学び直しの理由「転職・再就職」7割

取り組みたいこと「IT・WEB・OA」4割~しゅふJOB総研調査~ 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、 代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『学び直し』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。 (有効回答数650件) ■調査結果概要 1.学び直しをしたいと思ったこと「ある」92.2% 2.学び直しの理由「転職・再就職など新たな仕事に就くため」72.0% 3.学び直しで取り組んでみたいこと「IT・W ...

アンケート・調査結果

2019/4/17

■全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」ランキング2019

大学受験者が回答した関心の高い大学BEST20 「2019年度(第7回)テレメール全国一斉進学調査」より- 株式会社フロムページ(本社:大阪府大阪市)は、 大学進学の実態を可視化するために2013年よりテレメール全国一斉進学調査を実施しています。 アンケートの回答内容は、 進路決定の過程を改善するための重要な情報として多くの高等学校で活用されています。 前回に引き続き2019年4月1日に締め切ったばかりの2019年度入試の調査結果をリリースいたします。 受験生の在住エリアごとに進路選びにあたり、 関心をも ...

アンケート・調査結果

2019/3/27

新生活では明らかな“イメチェン”より“ちょいチェン”派が多数 約4割の女性が新元号が何かをはじめるモチベーションへの影響を示唆

新生活まであとわずか。そこでマンダムは20~39歳の女性を対象に、新生活から始めたい美容習慣に関する調査を 実施しました。新元号発表による新生活の決意への影響や新生活で変えたい美容習慣に関して明らかとなりましたので、ご報告します。 【調査方法】インターネットリサーチ 【調査時期】2019年3月実施 【調査対象】20~39歳女性 446名 photo by pixta.jp ■調査結果サマリー ・一年間で何かを始めたい季節は“新生活”がダントツ、今年は新元号の影響で決意も固め!? ・新生活で変えたいのは服装 ...

アンケート・調査結果 就職活動(就活)

2019/3/26

就活生がブラック企業と疑う企業の態度とは?~就活生に聞いた「ブラック企業/ホワイト企業」への考え(キャリタス就活学生モニター調査)~

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、2019年3月卒業予定の大学4年生(理系は大学院修士課程2年生含む)および2020年3月卒業予定の大学3年生(理系は大学院修士課程1年生含む)を対象に、「ブラック企業」と「ホワイト企業」についての考えを尋ねました。(調査期間:2019年2月8日~14日、回答数1500人) 売り手市場が続く新卒採用マーケットにおいて、少しでも学生に関心を持ってもらおうと自社の「働きやすさ」を押し出す企業が増えている。一方で、大学生の就職先選びの視点も働きや ...

アンケート・調査結果 ニュース

2019/2/21

驚愕!91.5%の大学受験生が「オンライン家庭教師の方がいい」「対面とほぼ変わらない」と回答!訪問型(対面)よりEdTech(エドテック)が今どきの勉強法!?

~家庭教師オンラインメガスタディがユーザー調査を公表~ 株式会社シンドバッド・インターナショナル(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:山田博史)が運営する「大学受験専門・家庭教師メガスタディオンライン」は、 2019大学入試で実際に「家庭教師メガスタディオンライン」のサービスを利用した生徒を対象に「双方向型のオンライン授業」に関するアンケート調査を実施し、 そのうち有効回答を得られた71人の回答を集計、 発表しました。 さらに、 今回のアンケート調査の結果を受け、 エドテック第一人者である、 デジタルハ ...

アンケート・調査結果

2019/2/7

マイナビ「2020年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表 結婚後「共働きを望む」割合は女子で初の7割超。「育児休業をとって積極的に子育てしたい」男子の割合は4年連続増加で43.6%

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年卒業予定の大学生・大学院生を対象とした「2020年卒 マイナビ大学生のライフスタイル調査」を発表しました。本調査は今年で10回目となります。調査概要は以下の通りです。   【TOPICS】 --------------------- ●男女ともに『Facebook』の利用が2割を切り、『Instagram』の利用は大きく増加。SNSでつながっている友達の平均人数は前年より約20人増え、300人弱という結果に ●『新聞 ...

アンケート・調査結果

2019/1/31

結婚・出産後の再就職に学歴は影響するか?学歴「影響する」42.7%

影響する理由「優秀だと判断されやすい」61.7%、一方「影響しない」も3割~しゅふJOB総研調査~ 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、 代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『再就職と学歴』をテーマに働く主婦層に、 アンケート調査を行いましたので以下にご報告します。 (有効回答数770件) ■調査結果概要 1.回答者の最終学歴 2.女性が結婚・出産後に再就職する際、 学歴は「影響すると思う」42.7% 3.再就職と学歴の影響につい ...

アンケート・調査結果

2019/1/21

20卒の就活事情2「採用の秘訣は、ターゲット学生層にあわせた戦略策定」 キャリア支援団体エンカレッジが優秀学生1200人に意識調査

大学生向けのキャリア支援を行うNPO法人エンカレッジ(代表:角野祐志)は、2020年度に卒業予定の全国の大学生/大学院生を対象にインターン意識調査を実施しました。本調査の目的は、就職活動をする学生の状況調査です。 実施期間は2018年11月2日(金)から11月15日(木)、調査対象は2020年卒(以下、20卒)の学部生・大学院生約1200名です。本調査は株式会社RECCOO(所在地:東京都・恵比寿、代表:出谷昌裕)と共同で行いました。今回のレポートでは、回答者を3つの属性から分析し、それぞれの就活の傾向を ...

アンケート・調査結果 ニュース

2019/1/17

企業がインターンシップを実施するメリットを調査データで明らかに インターンで入社志望度が上がったのは60.9%。インターン先の情報を平均41.3人に口コミ拡散 インターン参加者は入社3年以内の離職率が約1/2に抑えられ、非参加者に比べ11%高い人事評価

総合人材サービス、パーソルグループのシンクタンク・コンサルティングファームである株式会社パーソル総合研究所(本社:東京都港区、代表取締役社長:渋谷和久)は、企業が大学生向けインターンシップを実施することの効果を明らかにするため、「企業インターンシップの効果検証調査」を実施し、このたび結果を取りまとめましたので発表します。 同調査では、インターンを経験することで、入社志望度が上がり人材獲得しやすくなるだけではなく、口コミによる情報拡散や、入社後の定着・活躍の観点からも効果があることが明らかとなりました。 ■ ...

アンケート・調査結果 ニュース 就職活動(就活)

2018/12/5

【東京一工早慶上智】20卒の就活事情「19卒よりサマーインターンの重要性が高まる」 キャリア支援団体エンカレッジが上位校900人に意識調査

大学生向けのキャリア支援を行うNPO法人エンカレッジ(代表:角野祐志)は、2020年度に卒業予定の全国の大学生/大学院生を対象にインターン意識調査を実施しました。本調査は、就職活動をする学生の状況を調査する目的で実施しました。 実施期間は2018年11月2日(金)から11月15日(木)、調査対象は2020年卒(以下、20卒)の学部生・大学院生約1200名です。本調査は株式会社RECCOO(所在地:東京都・恵比寿、代表:出谷昌裕)と共同で行いました。今回のレポートでは、回答者の79.2%を占める上位校所属の ...

アンケート・調査結果 ノートの作り方

2018/10/24

“現役東大生の87.5%が中学・高校時代に使用経験あり” ~今年10月で10周年!キャンパスノート(ドット入り罫線)~

ノートメーカーのコクヨ(株)、「東大合格生のノートはかならず美しい」の著者太田あや氏、(株)文藝春秋が、「東大合格生のように美しく書けるノート」の開発を目指して共同研究を行った結果生まれた「ドット入り罫線ノート」が今年10月で誕生10周年を迎えました。 そこで、コクヨ株式会社(本社:大阪市/社長執行役員:黒田 英邦)は、今年7月に現役東大生112名を対象に 中学・高校時代にドット入り罫線ノート及びルーズリーフの使用経験に関する調査を実施しました。 【調査概要】 ○調査方法:街頭アンケート調査 ○調査時期: ...

アンケート・調査結果 ニュース 就職活動(就活)

2018/10/18

【2020年3月卒業予定の大学生・院生】就活生の意識を探る『就職活動のあり方に関する学生意識調査』 約5割の学生が「就活ルール」廃止に賛成

株式会社パソナグループ(本社:東京都千代田区、代表取締役グループ代表 南部靖之)で、社内外の専門家と共に様々な社会課題の解決に向けたフォーラムの開催や提言を行う「パソナ総合研究所」(所長:竹中平蔵)はこの度、2020年3月に卒業予定の大学生・大学院生を対象に『就職活動のあり方に関する学生意識調査』を実施いたしました。 日本経済団体連合が10月9日、就職活動の時期などを定めた、いわゆる「就活ルール」を廃止する方針を発表するなど、就職活動のスケジュールやルールのあり方について社会的な議論が高まっています。本調 ...

おすすめの本

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.