哲学 倫理学 リベラルアーツ

「倫理」を勉強するなら、まずはカントを読もう

2019年5月26日

ソフィー

ソフィー

哲学や倫理に関心があります。

カントの『実践理性批判』

大学などで「倫理」を学ぶ場合、哲学の中の倫理学という分野を勉強することになります。
倫理を学ぶには、教科書などにあたるだけでなく、自ら古典を読んでみることが欠かせません。
18世紀のドイツの哲学者、イマニュエル・カントが書いた『実践理性批判』は、その中でも最も必須な古典の一つです。

カントの「三批判書」

カントには、『純粋理性批判』『実践理性批判』『判断力批判』のいわゆる「三批判書」と呼ばれる主著があります。
その中で2冊目の『実践理性批判』は倫理の問題を扱った重要な著作です。
ここには何が書かれているのでしょうか。

カントの主張

カントは、第一批判である『純粋理性批判』において、

「人間の理性を越える超越的なものについて、人間は正しい答えを出すことはできない」

と説きます。

ところが、『実践理性批判』でのカントの主張はこれとは異なります。

彼は、

「人間が理性的であるためには、どうしても超越的なものを必要としてしまうのだ」

と主張するのです。

カントはなぜこのような主張をするのでしょうか。

「いいことをすると、最終的に報われる」世界でなければ、私たちはいいことをすることができません。
つまり、倫理的であるためには、世界がうまくできていてもらわないと困るわけです。

このようなカントの倫理論は、後世に大きな影響を与えました。







【PR】一度は読みたい難解な名著が25分×4回でわかる!見逃し配信「100分で名著」

通信制大学の関連ページ

Pick UPサイバー大学

驚異の卒業率《75.9%》!学習サポートが手厚いサイバー大学で大卒資格

スクーリング 卒業率
一切不要 75.9%
学費 資料請求費用
履修する単位数で変動 無料
>サイバー大学の記事一覧

おすすめポイント

  1. サイバー大学は通学不要!スクーリングなしで卒業
  2. 通信制大学としては、驚きの卒業率《75.9%》
  3. 働きながら学士号(大学卒業資格)を取得可能

\無料資料請求はこちら/

-哲学, 倫理学, リベラルアーツ

© 2018 リカレンティスト