リカレント

リカレント教育 楽しく生きる

2019/6/16

リカレント教育で社会から引退しない学びを手に入れる

リカレント教育とは リカレント教育とは、学校教育を終えて職に就いたあと、キャリアを築くためやスキルアップのために必要な知識や技術を学習するため、大学などの教育機関で学習し、そしてまた就職する。それを、生涯にわたり繰り返していくことです。 リカレント教育のいいところ リカレント教育のいいところは、自分に学ぶべき必要なこと、学びたいことが明確なことです。 学生の頃の進路選択のように、なんとなく選んでみた学校や学部で学ぶということはまずないです。 学びたいことがはっきりとしている分、モチベーションも高く、学ぶ楽 ...

リカレント教育

2019/6/14

リカレント教育は今後ニーズが高くなると思います

大学を卒業してから社会人になって長くなってくると、昔もっと勉強していればよかったなあと思うことが強くなってきました。社会的にもリカレント教育という言葉が目につくようになりました。 仕事での知識はついていきますが、それは会社の中でしか生かされないことを気づきました。 会社をやめるとか転職するとなった際に、いままで会社内知識をつめこんできたものもあまり意味がないんじゃないかと思うようになりました。 自分の人生を豊かにする学びも必要だと思います。 人生100年時代といいますが、ずっと同じ会社にいたとしても定年し ...

リカレント教育

2019/6/10

【リカレント教育とは】「学び直し」が受け入れられる社会へ

「学び直し」は誰にでも開かれたものに 学びは学校を出れば終わる。 そういった時代では無くなりつつあります。 大学を出てからもビジネススクールで学んでMBA(経営学修士)を取る人、教職大学院で教員免許を取る人……。 今や「学び直し」は誰にでも開かれたものとなっています。 しかし日本ではまだまだ市民権を得るには至っていません。 今回は生涯を通して学ぶ仕組み「リカレント教育」と日本での受け取られ方について考えていきます。 リカレント教育とは? 学校を出て仕事に就いても必要であれば教育機関に戻って学ぶことができる ...

慶應通信 通信制大学

2019/6/9

【大人の学び直しについて思うこと】通信制の大学で勉強するのはとても大変です

昨年、ロンブーの田村淳さんが慶應義塾大学法学部の通信教育課程に進学されたニュースが話題になったことで、大人の学び直しやリカレント教育に注目が集まるようになったように思います。 年齢が何歳になっても、これまでできなかった何かに挑戦するというのは、とても素晴らしいことだと思います。 通信制の大学で学ぶということも、その一例です。 社会人になり、仕事をしていると、学生のころもっと勉強していればよかったと感じることがたくさんあります。 しかし、多忙な毎日を過ごしていると、再勉強はとても大変です。 ところで、私は東 ...

リカレント教育 通信制大学

2019/6/7

【リカレント教育について思うこと】決断次第で人生のスタートラインにいつでも立てる!

ロンブーの田村淳さんの大学進学を通じて感じたのは、同年代の人達に明るい希望を与えてくれたと感じております。 田村淳さんのように40代でなく、たとえもっと高齢者だったとしても人は年齢問わずに学びたいと思う向上心さえあれば、若年者のような柔軟な脳の働きはないとしても確実に成長すると思っております。 義務教育の時は周りのみんなと同じ目的を先生にご指導受けながらも歩幅を合わせて作業する事を求められます。 その中で自分のやりたい事を見付け、そして義務教育が終わったら、自分の夢に向かって就職したり、専門的知識を学びた ...

リカレント教育

2019/6/7

リカレント教育は30歳代前半から約10年毎に実行することが必要な理由とは

リカレント教育が必要な理由とは 近年リカレント教育(学びなおし)にスポットライトが当たっています。 この言葉が特に脚光を浴びたのは2016年にロンドン大学のリンダ・グラットン教授が「ライフ・シフト」という本を出版し、人生100年時代というキーワードが人々の中に広がってからでしょう。 それに伴い政府も長い人生を生き抜く為に学びなおしをしましょうと提唱しています。 これまで多くの日本人は学校を卒業した時が最も学力が高く、それ以降は学生時代の遺産を減価償却して定年まで生き延びていたとも言えます。 そこで中高年或 ...

リカレント教育

2019/6/6

リカレント教育と仕事、人生のスキルアップとは

リカレント教育とは リカレント教育とは義務教育、基礎教育を終えて就職しても、仕事をしながら個人が必要と思う時期に教育機関に戻って学ぶことが出来る教育システムです。 発祥はスウェーデンの経済学者レーンが提唱したことに始まります。 国際的に知られる名称として「生涯教育構想」と呼ばれています。 「リカレント」の意味とは 「リカレント」の意味とは、反復、循環、回帰を意味します。人生の初期だけでは教育を終えることなく生涯に渡って続けていくことが重要であり、仕事をしながら学ぶことが望ましいとされています。 リカレント ...

リカレント教育 大人の学び直し 生涯学習

2019/6/6

【リカレント教育】大人になっての学び直し・勉強の意味とは - 若い時の勉強の意味・ある程度人生を経験してからの勉強の意味 -

「生涯現役であり続けるために」 大学を卒業したら、勉強は終わりではなく、会社に入ってからも色々と勉強してきたでしょう。 それと同様に、 何か新しいことを学ぶ、 時代の流れに沿って生きていく、 チャレンジ精神を持って仕事をするためには、 常に、知らず知らずのうちにであっても、学んでいたはずです。 少しずつ、成長してきたことでしょう。 「人生の節目においての学び直し」 人生の節目、つまり、転職、定年といった際、次にどうするべきかを考える人は多いでしょう。 転職のためのステップアップとして資格を取ったり、プロジ ...

リカレント教育

2019/6/3

リカレント教育のメリット、デメリットとは

リカレント教育とは 社会人のリカレント教育といえば、社会人大学生、通信講座、公民館の講座、資格取得など色々な方法があると思います。  私自身、資格取得が好きだったり、現在通信制大学に入学し直して勉強しているので、私の実体験をもとにして、リカレント教育のメリット、デメリットを紹介します。 1:リカレント教育のメリット ・業務、資格取得にに生かせる  仕事で事務や経理に従事する場合には、簿記資格の取得で日常業務に生かすことができます。  また、運転系の資格も業務の幅を広げるのに役立ちます。  通信制大学の場合 ...

リカレント教育 大人の学び直し

2019/6/3

リカレント教育の経験者が語るリカレント教育の必要性

日本でも現在終身雇用が当たり前ではなくなっていますが、20年位前は違っていました。そんな中でも既にリカレント教育を受けようとする人たちは着々と増えて来ていたとのだと自分の体験から思います。 私も就職した当時はもちろん退職まで当たり前の様に働くのだろうと思っていました。女子大で一緒だった私の周りの友達もそうだったと思います。私も含めてみんな就職戦線を勝ち抜いて名の知れた大企業に就職しました。 ところが、友人の一人は就職してから会社帰りに英会話教室に通い着実に留学準備をしていたのです。30歳を前にイギリスに単 ...

おすすめの本 リカレント教育 大人の学び直し

2019/5/27

『ライフシフト』を読んで考えたリカレント教育の重要性

『ライフシフト』を読んで受けた印象 最近、ベストセラーで話題の『ライフシフト』を読んでみました。 「なんで読もうと思ったんだろう?」 とふと思ったんですが、本屋に立ち寄るとランキングの棚に並んでいて目にする機会が多かったですし、色んな人がお薦めしていたので興味を引かれました。 実際読んでみた感想として、題材は少し難しめでしたが文章はすらすらと読みやすく、文章量さえ読みこなせれば問題ないという印象でした。 内容はこれから100年生きるのが当たり前になってくる時代をどう迎えるかということで、お金の面や健康面、 ...

リカレント教育 勉強コラム

2019/5/18

人生100年時代を生き抜く、リカレント教育のすすめ

・リカレント教育とは  最近、リカレント教育という言葉を聞いた事はありませんか。 リカレント教育とは、社会人になってから改めて学び、学んだ知識を活かして働く。 これを繰り返すことをいいます。 教育という言葉から、学校をイメージする方も多いと思います。 働きながら学校にかようなんて無理。確かにしごとして、学校に通うのは現実的に難しい状況の方も多いと思います。  リカレント教育=学校。ではありません。 例えば、英会話教室に通う。通信教育で資格を取る。 これも学びです。 今は教室に通わなくてもスマホやパソコンか ...

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.