人生100年時代

通信制大学に通う学生の意識調査

2019/8/13

通信制大学に通う大学生・社会人学生の意識調査 vol.1〜リカレンティスト調べの調査・ランキング〜

通信制大学の学生の意識調査の結果を発表 リカレント教育のウェブメディア「リカレンティスト」公式Twitterでのアンケート結果を発表します。 あなたはどのタイミングで通信制の大学に入学しましたか? 大学を卒業し、社会人になってから 38% 高校を卒業し、社会人になってから 36% 高校を卒業してすぐ 22% 定年退職してから 3% 「大学を卒業し、社会人になってから」という人が38%で、約4割が学士入学という結果になりました。 経済学部に入学する学士の方からは、仕事をする中で学び直したいと考え通信制大学へ ...

リカレント教育・生涯学習

2019/7/29

『ライフシフト』を読んで考えたリカレント教育の重要性とは〜人生100年時代の大人の学び直し〜

『ライフシフト』を読んで受けた印象とは 最近、ベストセラーで話題の『ライフシフト』を読みました。 「なんで読もうと思ったんだろう?」 とふと思ったんですが、本屋に立ち寄るとランキングの棚に並んでいて目にする機会が多かったですし、色んな人がお薦めしていたので興味を引かれました。 実際読んでみた感想として、題材は少し難しめでしたが文章はすらすらと読みやすく、文章量さえ読みこなせれば問題ないという印象でした。 内容はこれから100年生きるのが当たり前になってくる時代をどう迎えるかということで、お金の面や健康面、 ...

リカレント教育・生涯学習

2019/8/2

人づくり革命の実現と拡大、VUCAの世界におけるリカレント教育の重要性、今後のリカレント教育の方向性とは

VUCAの世界におけるリカレント教育とは 現代は、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字をとってVUCAの世界と呼ばれています。 不確実で複雑かつ曖昧なVUCAの世界で変化し続ける社会に個人が適応するためには、生涯学び続けアップデートし続けることが必要となるのです。 人生100年時代を迎える今、社会だけではなく、個人にもまた持続可能な成長が求められ、その持続可能な成長を可能にする力を習得する機会がVUCAの世 ...

リカレント教育・生涯学習

2019/7/29

まだまだ課題は山積み?リカレント教育の現状とは〜日本の社会的背景とリカレント教育についての考察〜

そもそも「リカレント教育」とは? 「リカレント教育」って聞いたことがありますか? ひと言でいえば、「学び直し」のことです。 社会に出た後も、必要に応じて教育機関に戻り、新たな知識や教養を身につけ、また社会へと戻っていく。 この循環(=リカレント)を理念とする仕組みが「リカレント教育」と呼ばれるものです。 リカレント教育に注目が いま、日本でもこのリカレント教育が注目を浴びています。 なにせ人生100年時代です。従来のように若者が学び、青年が働き、定年を迎えて引退する時代ではなくなりました。 おまけに情報技 ...

リカレント教育・生涯学習

2019/8/2

リカレント教育と仕事、生涯学習による人生のスキルアップとは

リカレント教育とは リカレント教育とは義務教育、基礎教育を終えて就職しても、仕事をしながら個人が必要と思う時期に教育機関に戻って学ぶことが出来る教育システムです。 発祥はスウェーデンの経済学者ゴスタ・レーンが提唱したことに始まります。 国際的に知られる名称として「生涯教育構想」と呼ばれています。 「リカレント」の意味とは 「リカレント」の意味とは、反復、循環、回帰を意味します。人生の初期だけでは教育を終えることなく生涯に渡って続けていくことが重要であり、仕事をしながら学ぶことが望ましいとされています。 リ ...

リカレント教育・生涯学習

2019/6/6

リカレント教育は今後ニーズが高くなると思います

大学を卒業してから社会人になって長くなってくると、昔もっと勉強していればよかったなあと思うことが強くなってきました。社会的にもリカレント教育という言葉が目につくようになりました。 仕事での知識はついていきますが、それは会社の中でしか生かされないことを気づきました。 会社をやめるとか転職するとなった際に、いままで会社内知識をつめこんできたものもあまり意味がないんじゃないかと思うようになりました。 自分の人生を豊かにする学びも必要だと思います。 人生100年時代といいますが、ずっと同じ会社にいたとしても定年し ...

リカレント教育・生涯学習

2019/7/18

リカレント教育は30歳代前半から約10年毎に実行することが必要な理由とは

リカレント教育が必要な理由とは 近年リカレント教育(学びなおし)にスポットライトが当たっています。 この言葉が特に脚光を浴びたのは2016年にロンドン大学のリンダ・グラットン教授が「ライフ・シフト」という本を出版し、人生100年時代というキーワードが人々の中に広がってからでしょう。 それに伴い政府も長い人生を生き抜く為に学びなおしをしましょうと提唱しています。 これまで多くの日本人は学校を卒業した時が最も学力が高く、それ以降は学生時代の遺産を減価償却して定年まで生き延びていたとも言えます。 そこで中高年或 ...

リカレント教育・生涯学習

2019/6/9

【リカレント教育について思うこと】決断次第で人生のスタートラインにいつでも立てる!

ロンブーの田村淳さんの大学進学を通じて感じたのは、同年代の人達に明るい希望を与えてくれたと感じております。 田村淳さんのように40代でなく、たとえもっと高齢者だったとしても人は年齢問わずに学びたいと思う向上心さえあれば、若年者のような柔軟な脳の働きはないとしても確実に成長すると思っております。 義務教育の時は周りのみんなと同じ目的を先生にご指導受けながらも歩幅を合わせて作業する事を求められます。 その中で自分のやりたい事を見付け、そして義務教育が終わったら、自分の夢に向かって就職したり、専門的知識を学びた ...

学びについての調査

2019/7/5

【Schoo調査レポート】95.5%が「自発型学習」の価値を実感。これからの社員研修は、一律研修から社員自ら学ぶ内容を決める自発型学習へ

-何を学ぶか自分自身で決めることで学習効果を実感し成長につながる「自発型学習」の実態を調査- 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー) 」( https://schoo.jp/ )を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:森 健志郎、 以下スクー)は、 法人向けオンライン学習サービス「スクービジネスプラン」(以下ビジネスプラン)の利用者を対象に、 会社から決められた研修ではなく、 学ぶ内容を自分自身で決める自発型学習についてのアンケート調査を実施いたしま ...

リカレント教育・生涯学習

2019/7/30

人生100年時代を生き抜く、リカレント教育のすすめとは

リカレント教育とは 最近、リカレント教育という言葉を聞いた事はありませんか。 リカレント教育とは、社会人になってから改めて学び、学んだ知識を活かして働く。 これを繰り返すことをいいます。 リカレント教育の教育という言葉から、学校をイメージする方も多いと思います。 働きながら学校にかようなんて無理。 確かに仕事をしながら、学校に通うのは現実的に難しい状況の方も多いと思います。 リカレント教育=学校 ではありません。 例えば、英会話教室に通う。 通信教育で資格を取る。 これも学びです。 今は教室に通わなくても ...

学びについての調査

2019/5/11

働く主婦への意識調査:“学び直し”したいですか? 学び直したい 92.2% 学び直しの理由「転職・再就職」7割

取り組みたいこと「IT・WEB・OA」4割~しゅふJOB総研調査~ 主婦に特化した人材サービス『しゅふJOB』(事業運営者:株式会社ビースタイル/本社:東京都新宿区、 代表取締役:三原邦彦)の調査機関しゅふJOB総研は『学び直し』をテーマに働く主婦層にアンケート調査を行いましたので以下にご報告します。 (有効回答数650件) ■調査結果概要 1.学び直しをしたいと思ったこと「ある」92.2% 2.学び直しの理由「転職・再就職など新たな仕事に就くため」72.0% 3.学び直しで取り組んでみたいこと「IT・W ...

ニュース

2019/4/27

人生100年時代を迎える準備は出来ていますか?ライフシフト実践者と共に、令和時代の人生計画を学べる人気授業「LIFE SHIFT実践」の新シリーズを放送開始!

-人生100年、80歳現役の時代に必要となる“変身資産”について学び、自分自身を変え続ける力を身につけましょう- 大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー) 」( https://schoo.jp/ )を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、 代表取締役社長:森 健志郎、 以下スクー)は、 人生100年時代に必要な考え方を学べる人気授業「LIFE SHIFT実践」の新シリーズ放送を決定いたしました。 【番組URL】 https://schoo.jp/class/5960? ...

Copyright© リカレント教育のサイトならリカレンティスト|2018年にオープンしたリカレント教育のメディア|大人の学び直しでスキルアップしたいすべての人へ贈るリカレント教育がわかるメディア , 2019 All Rights Reserved.