映画

ニュース

2019/1/9

「10年後のAI・ロボット時代に対するビジネスパーソンの意識調査」現在、世の中にある業務(仕事)の33%がAI・ロボットに代替されると推測

AIやロボットが台頭する時代に求められるスキルや代替されない資格とは ロボット研究第一人者、石黒浩大阪大学教授 ロボットとのワーキングシェアに期待することは「平等な世の中」 人が身につけるべきスキルは「コミュニケーション力」「カウンセリング力」 昨今の人工知能(AI)やロボット技術の進化は著しく、 私たちの身近な生活の中にもスマートスピーカーが普及しだすなど、 生活様式にも変化が訪れています。 また、 AIやロボット研究が進む中で、 「AIやロボットによる仕事代替」などが話題になり、 働くことや会社組織の ...

おすすめの本 勉強コラム

2018/11/7

めくってもめくっても終わらない「旅の大事典」が出版! 世界186ヵ国、日本一の情報量のガイドブック『この世界で死ぬまでにしたいこと2000』の執念が異常すぎた 『この世界で死ぬまでにしたいこと2000』著:TABIPPO 11月9日(金)発売(ライツ社)

11月9日に発売された「旅の大事典」をコンセプトにしたガイドブック『この世界で死ぬまでにしたいこと2000(http://amzn.asia/d/jd4OzXp)』。掲載スポットは世界中186ヵ国におよび、その数なんと2,000個。計496ページ、日本一の情報量となったガイド本が規格外すぎる。 表紙画像1 【めくってもめくっても終わらない規格外のガイド本】 本のコンセプトは「旅の大事典」。 ページをめくると、この地球上にある絶景、秘境、グルメ、 非日常…=「この世界で死ぬまでにしたいこと」が2,000個ズ ...

おすすめの本 勉強コラム

2018/4/3

東京で新生活を始める人は必読!東京の1年の見所が「日めくりカレンダー」のように知れる!革命的なガイドブックが誕生! 『365daysまいにち東京』retrip 3月31日 土曜日 発売(ライツ社)

1日1つ、1ページずつ、その日その季節に行きたいスポットを掲載したガイドブック『365daysまいにち東京』が3月31日に発売されました。「日めくりカレンダー」のようにおすすめのスポットが紹介されているこの本、とにかくすべてが新しくて便利なんです。 新生活の季節、東京へと引っ越してきて少々不安な思いをしている大学生や新社会人、転勤組の方もいるのでは?そんなみなさんに朗報です。これから、東京でどんなふうに暮らしていけばいいんだろう ?」そう思っている人たちが、東京での暮らしを365日楽しむための「お守りのよ ...

おすすめの本 勉強コラム

2018/3/16

天井から覗いた部屋は「世界の縮図」そのものだった…!フランス人写真家が6年かけて世界55ヵ国1200人のベッドルームを撮影して生まれた写真集に、各界から絶賛の嵐。 『My Room 天井から覗く世界のリアル』ジョン・サックレー 3月16日金曜日 発売(ライツ社)

ライツ社は、フランス人写真家ジョン・サックレーが、世界55ヵ国1200人のベッドルームを撮影して生まれた写真集『My Room 天井から覗く世界のリアル』を3月16日に発売しました。ナショナルジオグラフィック・ポーランドが絶賛し、世界中で話題沸騰のドキュメンタリー作品が、ついに日本上陸。その多角的な芸術性とジャーナリズムに各界から絶賛の嵐。 ■「My room project」天井から、部屋を覗くと、世界が見えた。 ある若きフランス人写真家、ジョン・サックレーが6年かけて世界を旅し、55ヵ国1200人のベ ...

Copyright© リカレンティスト | 通信制大学、社会人学生、リカレント教育、学びを最大化する情報サイト , 2019 All Rights Reserved.